本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援の豆知識!販売価格の決め方

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援の豆知識!販売価格の決め方

営業支援の豆知識!販売価格の決め方

ここでは、営業支援の豆知識として、商品の販売価格の決め方を分かりやすく営業支援していこうと思います。
製品の販売価格は、色々な要因を考慮して決定するものです。
主に重点を置き検討しなければならない要因は、コスト・需要・競争の3つです。

まず、製品の販売価格を決めるための3つの方法について営業支援していきます。
一つ目は、製品の製造、販売でかかったコストの合計に一定の利益を加える方法です。
二つ目は、顧客の情報に基づいて決定する方法です。
三つ目は、競争している企業の価格面での動向に基づいて決定する方法です。

一つ目の方法は、コスト志向で価格を設定する方法です。
生産者の場合には、原材料費や労務費、諸経費からなる原価に一定の利益を加えた販売価格を設定します。
流通業者の場合には、原価に、マークアップと呼ばれる値入額を加えた販売価格を設定します。
これはコスト・プラス法と呼ばれている方法です。

二つ目の方法は、まずある製品について顧客はどのくらいの価格だったら買ってもよいと思っているか、または買いたいと思っているか、その状態を明らかにしていきます。
そして、価格を決定しコストの配分を考えていく方法です。
顧客の値ごろ感や購買習慣に基づいている販売価格の設定方法といえるでしょう。

三つ目の方法は、競争企業が同じ製品につけている価格や、あるいはつけるであろう価格を参考にして、製品の販売価格を設定するものです。
業界の平均価格水準にする実勢価格設定法、大型設備の発注にみられる入札価格設定法の二つがあります。

当たり前ですが、価格の設定は、とにかく赤字にならない価格にすることが重要(ただし客寄せ・処分目的の場合は赤字価格に設定する場合もあります。)です。
売れても赤字では全く儲けることができません。

また、輸入し直接販売するのか、小売店に販売するのか、卸売り業者に販売するのかによっても変わっていきます。
実勢販売価格を参考にし、販売先・販売方法に応じて輸入原価を元に設定していきましょう。
これについても営業支援していきます。

では、まず最初に、『輸入原価』について説明していきます。
これが分からなければ何が何だか分からないと思います。

まず、商品の原価(取引価格)を元にしていきます。
取引条件が、先方の港渡しだと仮定すると、海上運賃・保険料がかかります。
関税と消費税も加えなければなりません。
さらに通関手数料・港での作業料・指定場所への国内運賃も計算に入れていきます。

これが輸入原価です。
これらはとても重要なので入念なリサーチをお勧めします。
大体はこれでOKです。

価格はとても繊細なもので、少しの差でも売れ行きが倍違うこともあります。
丁度良いバランスで設定するを必要があるのです。
この営業支援豆知識で、少しでも悩んでいる方の力になれれば幸いです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る