本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援を活用して既存客のフォローを万全にすること

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援を活用して既存客のフォローを万全にすること

営業支援を活用して既存客のフォローを万全にすること

商売の基本としては、作った物を販売して利益を得ることになり、メーカーや問屋、小売店などの流通系の仕事は該当しています。この業界では自社で取り扱いをしている商品を少しでも多く販売することを目的にしています。
その方法は多岐にわたっており、営業支援などを活用すると効率の良い仕事を遂行することができます。

営業支援では既存客のフォローについての項目を持っていることも多く、単発での販売ではなく、一般的に法人営業に分類されているような業界では、既存客と長くお付き合いをすることが第一条件になることもあり、特に重要視されている項目です。
既存客のフォローに関しても複数の手法が用意されていて、一つずつ試していく方法でも最適な手段を見つけることが可能です。

具体的な営業支援の既存客のフォロー方法では、在庫管理を挙げることができます。顧客にとって在庫管理は非常に大切になり、余剰在庫を作ってしまうとマイナス収支になる可能性を持っています。
逆に在庫が少ない場合では、いわゆるチャンスロスを作ってしまう可能性を持っており、このケースでは双方にとってデメリットになります。

営業支援では常に在庫チェックを行って、適切な納品を繰り返すことが大切ですが、他の内容では商品の販売力を高める方法も重要です。
具体的には単に既存客に納品を行って任せるだけではなく、自社製品を少しでも競争力の高いアイテムに仕上げることを目的にして、販売促進用のツールなどを作成することも営業支援では基本です。

販売促進用のツールとして有名なアイテムでは、ポスターやチラシ、パンフレットなどを挙げることができますが、小売店を対象にしている場合では、POPなどを作成して売り場を飾るという作業も注目されています。
現在ではパソコンからグラフィックソフトなどを使うと、比較的簡単に完成度の高いポスターやPOPなどを作成することもでき、営業職としては一定の技術を習得することも良い方法です。

営業支援ではフォロー体制の中で重要視している項目には末端のお客様へのフォローも挙げることができます。この方法では会社のシステムを見直すことが必要になる場合もあり、例えばコールセンターなどを準備してクレーム等の処理などを円滑に行うことができるように配慮することが求められる場合も見られます。

全体的な既存客への対応については、常にスピード感を持って仕事を遂行することが必要になり、仕事を溜めずに効率重視で対応することが必要です。
その方法に関しては蓄積された営業支援を活用する方法で、多くの事例でスムーズに運営を行うことが可能です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る