本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援サービスでメール広告の浸透率を上げる

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援サービスでメール広告の浸透率を上げる

営業支援サービスでメール広告の浸透率を上げる

新規顧客獲得のためには、効果的な宣伝が必要不可欠です。飛び込み営業、テレアポ、メール広告、FAXDM、郵送でのダイレクトメールなどがあります。直接、顔を見て話せる飛び込み営業や、声を聞けるテレアポと違い、メール広告やFAXDMでは相手の反応はまったく分かりません。
反応が分かりづらい宣伝方法を用いる場合は、広告がどの程度まで浸透しているかを調べる必要があります。営業支援サービスでは、メール広告の認知度や開封率を調べることも可能です。
近年のメール広告は、テキストメールよりもHTMLメールが主流になってきました。その理由は、画像の添付が可能であったり、開封率やクリック率の確認が簡単に把握できるからです。
例えば、ファッションサイトのメールマガジンであれば、新作の洋服の画像をHTMLメールに埋め込むなどの使い方ができます。メールを開いた、画像をクリックした、セールのリンクをクリックし、閲覧したなど細かなアクションが把握できるようになります。これはユーザーが会員登録を済ませ、宣伝メール配信の許可を得ているケースです。
営業支援サービスでメール広告を打つ場合は、ちゃんとノウハウを持っているところに依頼をしましょう。中には広告を送信して終わりという企業もあります。自社の製品やサービスの魅力、強みを把握し、的確なライティングのできる営業支援サービスが良いでしょう。
メール広告は、営業支援サービスの中でも比較的着手しやすい宣伝方法です。メール広告だけに絞った営業支援サービスもたくさんあります。郵送でのダイレクトメール、FAXDMと同じように、闇雲に送信すればいいというわけではありません。
Eメールは件名でメールを開くか、ゴミ箱に捨てるかを判断されます。企業名、担当者名だけでは「ただの宣伝メールだな」と判断され、読まれない確率が高くなります。最悪の場合は、迷惑メールフォルダに登録され、一度も開封してもらえないことも。
どんなに魅力的な製品やサービスでも、知って貰えなければ意味が無くなってしまいます。営業支援サービスでは、開封率を上げる方法、受注や注文、問い合わせなどのアクションを起こさせる方法を知っています。
文面が浮かばない、文章が苦手な場合は、営業支援サービスに任せてしまうのも一つの方法です。顧客へのアンケートや、改善点の提案なども行っていますので、自社の方針に沿った営業支援サービスを使いましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る