本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援サービスを使ったターゲット客の見つけ方

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援サービスを使ったターゲット客の見つけ方

営業支援サービスを使ったターゲット客の見つけ方

営業はターゲット客を見つけることから始まります。見つけ方も様々ですが、なかなか契約成立にまで辿り着けないケースも多いのではないでしょうか。電話、メール、パンフレットやダイレクトメールの送付、飛び込み訪問など、営業方法もそれぞれですが、ターゲットを絞らなければ徒労に終わってしまいます。
また、営業の仕方によっては迷惑と捉えられてしまいますので、ターゲット客を見つける際にも注意が必要です。ルールとマナーを守った営業が大切なので、自社で営業を続ける場合は迷惑にならないようにしましょう。
営業支援サービスであれば、そういった心配がなく、的確にターゲット客に営業をかけることができます。顧客を獲得した後も、リストを作成、管理が必要になります。
顧客管理に優れた営業支援サービスは案件情報の登録、受注案件、失注案件、受注見込み、名刺情報の管理、クレーム情報の管理なども可能です。また、顧客の優先度も決定できますので、重要な顧客へ優先的にアプローチができます。
営業支援サービスではターゲット客のリストを自動的に作成できる機能もあります。攻略ターゲットや重要案件のリスト、メールマガジンの配信リストなど、営業において大切な情報管理が簡単に行えるようになります。
ウェブ上での情報共有も可能なので、営業担当者との連絡や情報を素早くやり取りができます。営業支援サービスはクラウドサービス型のものもありますので、タブレット端末やスマートフォン、パソコンから簡単に情報の整理や登録、変更が可能です。ターゲット客との商談の際、上司や先輩にもすぐに情報を送る、アドバイスを受けることも可能ですので、より商談の制約率が高くなります。
営業支援サービスの導入は、それぞれ特徴があります。営業の電話やメールを代行するサービスと、顧客の管理や社内での情報共有をメインとしたものです。ターゲット客を獲得するなら代行サービス、本格的な営業を考え、綿密にリスト管理をするなら営業支援システムの導入が良いでしょう。
この他にも営業プロセスの整理、付加業務を営業担当者に伝えることで業務もスムーズに進みます。ターゲット客の選定も重要ですが、契約前の提案書作成や案件受注後のお礼状など、様々な業務も新規顧客の獲得や、信頼を深めるためには大切になります。
営業支援サービスやシステムを導入する前には、何ができるのか、どのようなサービスがあるのかを確認してから導入しましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る