本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援システムで情報共有の仕組みを確立する

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援システムで情報共有の仕組みを確立する

営業支援システムで情報共有の仕組みを確立する

情報共有の仕組みを作っておけば、アカウントを持っていれば誰でも会社の情報を見ることが出来ます。
営業部は、会社のなかでは最前線の部隊です。営業部が受注率を上げられなければ、どんなに優れた商品もサービスも売れません。

営業の情報共有をサポートしてくれるのが、営業支援システム(SFA)です。
顧客情報の管理、データの分析、スケジューラーなど製品によって細かい機能は違いますが、情報管理、分析、スケジューラーが主な機能です。

情報共有の仕組みを作るのに最適なのは、クラウド型の営業支援システムです。
会社の情報は全てクラウド上にあるので、サインインすれば誰でも閲覧することが出来ます。各チーム内でバラバラになっている情報を一元管理しやすくなるので、営業部全体の売上アップをはかることが出来ます。

また、マネージャーがチームを管理するのにも役立ちます。
誰がどこで商談中か、もしくは飛び込み営業中か、などがリアルタイムで反映されるので、迅速な対応をとりやすくなります。

もし受注が成立しそうならばさらにプッシュをかけられますし、クレーム対応に追われているのならばすぐに問題解決の手段を考えることが出来ます。

他にも、営業支援システムによる情報共有のメリットはあります。
例えば、今期はできる営業マンが多かったとしても、そのノウハウが蓄積されていなければ営業ナレッジは蓄積しません。

仮にできる営業マンが転職してしまえば、新人に伝えらえるナレッジがないので再び営業成績が下がってしまう可能性もあります。

もし営業支援システムで、できる営業マンのノウハウを蓄積しておければ、時期の新人に伝えることが出来て、安定した営業実績をあげやすくなります。

さらに新人育成を効率化させるには、すぐに実践営業をさせるのではなく、企業研修で必要なスキルをデータとしてまとめておいて活用すると効果的です。

営業支援システムを選ぶときには、インターフェイスにもこだわると良いです。直感的に使えるデザインであれば、面倒くさいから仕事を後回しにして忘れてしまうというデメリットを減らすことが出来ます。
直感的というのは、どこに何があるのかが一目でわかるデザインのことです。

今までアナログで営業管理をしていたけれども、そろそろITを使った手法を導入したいのならば、クラウド型の営業支援システムが適しています。

本当に必要な機能だけに集約されているのでわかりやすいですし、そのおかげで多機能な製品よりも圧倒的にコストが削減されています。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る