本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援システムによりアフターフォローや納品までのプロセスを万全にする!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援システムによりアフターフォローや納品までのプロセスを万全にする!

営業支援システムによりアフターフォローや納品までのプロセスを万全にする!

営業の業務は顧客との応対から書類作成、日報の記載や顧客情報の管理、そして商談の資料作りと実に幅広いものです。
また、一言に営業といってもその職分は書類作成も含まれることから事務と重なる部分もありますし、個人営業と法人営業の境界も曖昧です。また、顧客に商品を売り込むため積極的に戦略を練ることから経営戦略や企画部門と職分が重なることもあるでしょう。
このように営業の職域は非常に広大なもので、営業担当一人一人が決まった業務時間内に全ての仕事をこなすことはかなり苦労することでしょう。営業全般は営業担当の仕事と決めてしまえば時に雑務だけで一日が終わり顧客と応対する時間がほとんど取れないほどです。これでは本末転倒です。
営業は顧客と応対し商談をまとめることで会社の利益に貢献し、ヒアリングを行うことによって情報収集を行います。まさに会社の基礎を担う最前線を担う社員といえるでしょう。会社にとっては営業が契約を取らなければ利益に陰りが出てしまうわけですし、営業が雑務ばかりしていては見込み顧客が増えず情報収集も行えません。
営業は営業の仕事と考えず会社全体で営業を行うという意識、そして何より営業支援を全部署で適切に行うことが重要です。
営業は営業担当だけで回すのではなく、契約は全部署のチームワークでとるつもりで営業支援を充実させることにより確実に契約数が増え情報収集が進むことでしょう。

営業支援には人的支援とシステム的支援の二種類があります。
人的支援は営業の仕事を事務面などで他部署と営業部門の隔てなく効率的かつ効果的に行うことを意味し、システム的支援は営業支援システムなどの活用により雑務を効率化することを意味します。
積極的かつ効果的な営業支援を行うことは契約の成立に繋がるだけではありません。
会社の未来にも繋がる重要事なのです。
営業が顧客との応対と情報収集だけに集中し、書類の作成や送付は人的支援として事務部門が行うよう営業プロセスを固めたとします。また、営業の業務を営業支援システムを行う進捗の確認やアポイント管理に活用したとします。そうすることにより顧客への納品までのプロセスが格段に効率化されます。つまり、納品までのスピードが上がるのです。顧客にとって、これは非常に有益なことです。会社への信頼も増すでしょう。
また、営業支援を適切に行うことにより営業が顧客へのアフターフォローをきちんと行うことができるようになります。アフターフォローを必要とする時期や顧客ごとの適切なアフターフォロー方法をシステムの中に書き込めば順序立てて積極的に行うことができます。
アフターフォローを行うということは顧客の更なる信頼感に繋がりますし、次の契約にも必ず繋がります。
ひいてはリピーターを増やすなどの結果となり、会社の未来にも繋がるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る