本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援システムにより能力の差を埋めて売上高を上げる

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援システムにより能力の差を埋めて売上高を上げる

営業支援システムにより能力の差を埋めて売上高を上げる

企業には新人営業マンからベテラン営業マンまでさまざまな営業マンがおり、それぞれに能力の差はあります。

どうしても生まれる能力の差をどうにかしなければその企業はそこそこは売れてもそれ以上に売れる企業にはなりません。それでは能力の差をどうするかというと2つの方法があり、能力の高い営業マンだけしか残らない仕組みを作るか、売れるためのノウハウを共有することで営業マン全員を能力の高い営業マンにするかどちらかを選ぶことになります。
どちらの方法であっても売上高は増えますが、エリート営業マンという個人に依存するよりはノウハウ共有型のほうが将来的にも能力の差は広がらず、業績が安定します。

ノウハウ共有型のためにも営業支援のシステムは役立つのです。営業支援のためのソフトには新人もベテランも関係なく営業のデータを情報として入力し、それを社内のみんなが見ることができる仕組みとなっています。営業支援システムは営業マンごとにもですが、顧客ごとにデータを見ることもできます。これらを元に営業活動を仕組み化して共有すれば、営業マンとなったばかりの人であってもある程度の効率をあげることはできるようになるのです。

営業支援システムを皆で利用できるようにするためにも、パソコンを使いこなすための能力の差があっても誰でも簡単に入力することができるよう入力しなければならない項目を厳選し、選択型なども取り入れて分かりやすい画面を作り上げる必要があります。
また、営業マンはさまざまな場所に行って営業活動を行うわけで、わざわざ会社に戻らなくても営業活動の合間に報告書を入力できたり調べたい内容がぱっと出てくるようパソコンだけでなくスマートフォンなどでも利用できるようにしましょう。

営業支援システム導入者は、現場の営業マンの声も参考に使いやすいシステムを作成するとともに、吸い上げたデータを元に全員が優れた営業マンとなるためのノウハウ作りも力を入れる必要があります。情報量ばかり多くても、営業マンの負担も増えますし、それをきちんと使いこなせないのであれば営業支援システムを導入した意味は無いのです。

売上高を上げるためには営業に回る量を増やすということもありますが、どうしても限界があります。そんな中、更に売上高アップのために必要なのは営業の質なのです。ベテラン営業マンやトップ営業マンが長年かけて蓄積してきた知識や経験を共有できれば売上アップは実現できるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る