本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援システムの活用と営業マンの話し方のテンポ

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援システムの活用と営業マンの話し方のテンポ

営業支援システムの活用と営業マンの話し方のテンポ

営業マンは話すことが仕事ですが、話しすぎるとかえって引かれてしまうこともあります。
押し付けがましい営業トークは、確実に嫌われます。しかし、話さないのでは売り込みとして失格なのではという心配も出てきます。

営業マンが話し方で気をつけたいのは、テンポです。
テンポが速すぎると相手が話についてこられずに、説明漏れをしてしまう可能性があります。これを回避するには、相手の反応を確認しながら話すと良いです。

話し方のポイントは、相手の表情を見ながら喋ることです。相手が納得しているようであれば次に進む、理解できていないようであれば一度ストップして繰り返したり、確認するようにしましょう。

相手が饒舌な場合には、こちらがあまり話さない方が商談がうまくまとまる可能性もあります。心理学では、人は自分の話を真剣に聞いてくれた相手に対して、好意を抱くと言われています。
相手がよく喋るようであれば、その話を盛り上げてタイミングを狙ってみるのも良いでしょう。

話し方ひとつで、商談の成否が左右されます。
好感を持たれやすい話し方のポイントは、短くまとめる、メリットを具体的なアクションで伝える、などが効果的です。

それ以外にも、自分の目標・行動・案件・モチベーションを管理することも、できる営業マンになるためには必要です。話術だけ優れていても、行動の管理が出来ていなければ最適なタイミングでアプローチすることが出来ません。

これをサポートしてくれるのが、営業支援システムです。営業支援システムで出来ることは、情報管理、情報共有、データの分析、などがあります。

最前線で活躍する営業マンが営業支援システムを使うのならば、スケジュール管理と情報共有機能があれば便利でしょう。中堅になってたくさんの案件を同時に進めなければならない時にも、案件がごちゃごちゃにならないように管理してくれるので、アプローチ漏れが起こりにくいです。

営業支援システムを活用するコツは、使いながら機能を覚えていくことです。最初から機能を頭で理解しようとすると、情報を蓄積するだけが目的になってしまう可能性があります。

営業支援システムは受注率をアップさせるための道具であって、情報を蓄積させるのが目的ではありません。営業活動をしながら使ってみて、行き届かないところをサポートしてもらうような使い方をしましょう。
若手、中堅、マネージャーと、どの立場の人が使うのかも考慮して選ぶと良いです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る