本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援システムを使い集客規模や予算を割り出す!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援システムを使い集客規模や予算を割り出す!

営業支援システムを使い集客規模や予算を割り出す!

営業は顧客の応対から商談の戦略、上司への進捗の報告に自身のアポイント管理、日報の提出や顧客情報の管理まで行わなければならない幅広い業務です。
営業といっても顧客と応対するだけが仕事ではなく、営業のための知識の取得までもが仕事分野になります。
非常に忙しく、どこからどこまでが営業部門と簡単に区切ることができる仕事ではないと言えるでしょう。
ですから、時間の使い方や業務の回し方、情報の集め方に関して積極的に効率化を図る必要があります。
効率化を図ればその分アポイントを多くとることができますし、顧客と対話する時間も増えます。
アポイントが増えると言うことは会社全体のチャンスが増えるということであり、顧客と対話する時間が増えると言うことは会社に蓄積される情報が増えるということです。
情報を得ること、チャンスを増やすことは営業のみならず会社全体の業務の基本です。
効率化を図ることは営業部門のためだけでなく会社のため、ひいては社員全てのために繋がるのです。
営業の効率化のためには二つの方法があります。

一つは人的な営業支援を行うこと。
営業は営業の仕事だからといって営業担当だけに任せてはいけません。
書類作成から商談資料まで、果ては営業部門の打ち合わせまでしていれば時間はあっという間です。
とてもアポイント管理や日報まで力も時間も手も回りません。
こんなことでは大きな契約を取ることなどとてもできません。
ですから、営業を会社全体で回すという意識を持ち、営業支援を行うことが重要です。
例えば書類の作成や資料を顧客に発送する事務支援担当の者を営業部門に置くという形でも良いでしょう。
顧客からの電話やアポイントの変更を取り次ぐのを他部署に任せる形でも問題ありません。
しかしそれだけではどこからどこまでがどの部門の業務に含まれるかが不明瞭になり、会社内で摩擦が起きてしまうことも考えられます。
ですから、人的補佐を置く場合もシステム的補佐が絶対条件であると言えます。

もう一つがシステム的な営業支援です。
営業支援システムを導入し営業業務をシステム管理して時間や負担を減らし、情報をシステム上で共有することで他部署が適切なフォローを行えるようにするのです。
これにより社内での摩擦が起こり難くなります。
また、それだけでなく、イベントの集客規模や予算といった過去の事例をシステム上にデータベース化することにより営業がプロジェクト面で一から企画する必要がなくなります。
特に集客規模は同じようなイベントやプロジェクトを実際に行ってみないと分からない部分があります。
集客規模予想と実際の集客規模が異なっていたということもあります。
過去の事例をシステム上にデータベース化することによって一から頭を悩ませることなく成功のために集中できますし、他部署が営業支援を行うだけでなく営業も企画部門へのフォローが可能となるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る