本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援システムを活用して営業マンの変わりにDMを使おう

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援システムを活用して営業マンの変わりにDMを使おう

営業支援システムを活用して営業マンの変わりにDMを使おう

営業支援のためのシステムを使えば顧客のランク分けが簡単にできます。ランク分けというのは、絶対に買ってくれるであろう顧客、現在は買う気は無いが将来の購買者になる可能性のある一般的な顧客、そしてただの冷やかしだけの顧客の3つに分けることです。
顧客数が多ければ多いほど会社の売上にも影響してきますが、だからといって毎日すべての客を回るのはいくら営業マンが多くても不可能です。そのため営業支援システムでランク分けの必要が出てくるのです。絶対に買ってくれるであろう上客を回るのと冷やかし客を回るのでは同じ数だけ回っても売上はまったく違います。

ただ、営業支援システムでランク分けしたとしても上客だけを回っていては彼ら全員を回った時点で売上がストップしてしまいます。普通の客を上客となるように育てる必要も出てくるのです。営業マンのキャラクターで上客に育て上げるのもよいですが、それが出来る営業マンの数は限られています。営業支援システムで導き出された上客を回るだけで手一杯の状態という会社も多いです。そのため普通の客を上客に育て上げるためにDMを活用するという方法があるのです。

まったく売り込みをしなければお客様はいつかその会社のことを忘れて離れていってしまいます。本当に購入したくなったときに、別の会社で購入してしまう可能性も出てきます。それを避けるためにもFAXやEメール、郵送でDMを定期的に出すことで、その製品が必要となったときに自社を利用してもらえるように働きかけるのです。

DMの発送方法にはそれぞれメリットデメリットがあります。FAXでのDMにしたならコストは安いですが情報量が限られますしモノクロでしか送れません。Eメールなら更にコストが安くはなりますが、開封してくれない可能性も高くなります。
郵送でDMを送るとなると情報量や使用できるリストが増え視覚に訴えることができる反面、企画から発送まで時間もかかりますしコストも高いです。そしてそれだけ手間と費用をかけて送っていても開封する確率が低いというデメリットもあるのです。

それぞれ単体で使うよりもターゲットやタイミングを考えた上で、複合的に使用するほうがより多くのレスポンスは期待できます。発送先について、DMの発送時期や発送方法について考えるうえでも営業支援システムは活躍します。それぞれのメリットデメリットを理解したうえで最適な営業戦略を行ないましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る