本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援ソフト、CRMの選択は現場目線も重要

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援ソフト、CRMの選択は現場目線も重要

営業支援ソフト、CRMの選択は現場目線も重要

経営陣より営業支援システムやCRM導入の指示が出て何から初めたらいいかが分からず、インターネットで営業支援システムやSFA、CRMなどのワードで検索を試みた人はたくさんいると思います。
でも検索結果から、どのソフトを導入したら良いのか比べようにも、訳がわからないという事が起こるのはある意味当然です。
高価なソフトであればあるほど果たして効果が出せるのか、営業スタッフの反発で失敗してしまわないかが全く見えてきません。
導入を担当する者として選定した責任を負い切れない事態になってしまいます。
集めた情報がこのような状態では、とてもどのソフトを選ぶかの見通しすら立たないことになります。

しかしソフトをよく比べてみると、大きく二つに分類できることが分かります。
一つ目は営業スタッフの営業支援に重きを置いた営業支援システム、CRMで、二つ目は営業スタッフの管理に重きを置いた営業支援システム、CRMです。
一つ目と二つ目の違いは営業支援システム、CRMがいったい何の為のシステムなのかを追い求めると絞り込む手がかりが見えてきます。

受注量が向上する事を目的に設定して絞りこんでみます。
行動派の営業部長は営業スタッフがいつも社内で資料を作るのに時間をかけるのは良くないと主張し、管理派の営業部長は管理は重要なので必ず書類は作成させると主張します。
しかし営業部長も上司に状況を報告を随時する必要があり、そのために部下の状況を把握しておきたいし、報告内容がぶれてもいけないというポイントは共通しています。
そう考えると行動派でも管理派でも状況把握に加えて課題の早期対応、顧客管理が出来る営業支援システムが求められます。

そしてシステムを営業スタッフが使うかどうかも重要なポイントです。
社長から使うように指示するのは簡単ですが、優秀な営業スタッフの不満を募らせ、大事な人材を失うことも考えられます。
管理メインのシステムが悪いという訳ではないのですが、管理される目的だけで書類を作る時間を割くのでは不満は募るばかりです。
そう考えると営業スタッフが受け入れやすいソフトを選ぶのは重要な要素であるといえます。

営業の可視化や管理についての部分は正しく運用できた上での結果として出るものです。
ですので管理を急ぐことはないので、統計やグラフについては後々でも問題無いのです。
統計やグラフを優先課題にしてしまうと報告が片寄って無意味なデータから割り出した統計やグラフになってしまいます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る