本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援ツールで飛び込み営業に自信を持つ

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援ツールで飛び込み営業に自信を持つ

営業支援ツールで飛び込み営業に自信を持つ

飛び込み営業をする際は「自信を持つ」ということです。サービスや製品に対する自信はもちろんですが、自分自身に対する自信が必要です。弱々しい飛び込み営業では、話すら聞いてもらえないことがあります。
自信を持つということは「傲慢になる・偉そうにする・横柄な態度をとる」ではありません。それではただの押し売りになってしまいますし、迷惑に思われるだけです。自社の製品、サービスを最大限の方法でアピールすることが重要です。
営業支援ツールやシステムで、飛び込み営業先の情報を管理し、キチンと整理しましょう。一般的に飛び込み営業は嫌われる傾向にありますが、話を聞いてくれる営業先は見込み客に育てることが可能です。
ただし、相手から「二度と来ないで欲しい」と言われてしまった場合は素直に諦めましょう。嫌がっているところに強引に営業し続けても、いい成果は出せません。次のところへ飛び込み営業を掛けるようにしましょう。
営業支援ツールは訪問した企業の情報を整理し、社内で共有することができます。営業マンから得た情報を、社内スタッフで閲覧し、どのようなアプローチをすべきか、見込み客に育てるにはどうしたらいいかなど、細かい戦略を立てることができます。
営業の成約率も、営業支援ツールで効率よく上げることが可能です。商談レポートを作成する、名刺情報を保存する、人物情報をメモするなどができます。営業は人対人のやり取りなので、商談相手がどのような人物なのかを見る必要があります。
商談以外でのやり取りも、人物像を知るためには重要です。軽い雑談でもメモしておくと、役に立つ場合があります。そういった情報を社内で共有し、アイデアや改善点を出し合うことも可能です。また、自分以外のスタッフが相手を知っている場合があるので、情報共有は積極的に行いたいところです。
営業支援ツールを使うことで、商談成立までの時間を短縮したり、見込み客を選別したりと今までよりもスピーディな商談が期待できます。飛び込み営業だけで、契約を取ろうとするのではなく、スタッフ全員で協力することが大切です。
特に新入社員や、営業経験の少ない、または成果が上がりづらいスタッフには成功した体験が必要です。自信を持つには成功をしたという達成感や満足感を感じることが一番です。営業支援ツールは、営業マン同士の情報だけではなく、上層部や他の部署とも連携が取れるので、営業マンのサポートもしやすくなります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る