本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援ツールの評価ポイント

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援ツールの評価ポイント

営業支援ツールの評価ポイント

営業活動を支援する営業支援の項目には、様々な機能があります。営業マンが持ち帰る数々の商談記録を整理したり、必要な提案書やカタログなどのツールを整備したり、経費精算や、伝票の作成や発行、社内への発注書の作成など、その業務は多岐にわたります。どの業務も本来なら営業マンが行うのが最良なのですが、このような煩雑な作業を営業マンが行っていたのでは本来の営業活動ができず、売上に大きな影響を及ぼします。 従って、このような作業を行う営業支援部門が生まれ、過去は営業支援部門がこのような作業を一手に引き受けていました。しかし、人件費削減などの影響もあり、最近ではこのような業務を支援ツールを導入して行うところが増えています。 しかし、残念ながらツールでは人間の様に営業マンの動きを自ら学習し、先回りして作業を行うことができません。したがって、会社の営業プロセスを十分に分析し、そのプロセスを妨げずに効率化できるツールを導入できるかどうかが、導入を成功させるカギといえるでしょう。そのために、ツールを評価するポイントがいくつかあります。 ひとつは、営業マンが利用するツールを用途に応じてきちんと分類できるかどうかです。以前であれば支援部門に依頼すれば用意してくれたツールを自分で効率よく引き出すためには、検索機能が充実していなければなりません。また、顧客のタイプ別に分類されていれば、より躊躇することなく引き出すことができるので、この機能を充実させることが迅速なアプローチに繋がります。 次には商談情報を適切に管理できるかどうかです。商談情報を登録することは非常に重要なことですが、必要な時にすぐに閲覧できるとともに、次のステージに向かうためにどうするかを上司がアドバイスしやすいように、上司と連携できる機能が商談を進めるためには絶対不可欠なのです。 さらに、必要な書類が連携して出力できるという機能も充実する必要があります。発注伝票や経費処理など、付帯作業はすべて出来るだけ簡潔な処理で連携することが重要です。出来るだけ営業マンに負担を掛けずにシステムで最大限連携することは、営業支援ツールにとって非常に重要な機能です。 これらの評価ポイントは売り上げ管理に軸足を置いた営業支援ツールにおいては、実はあまり重要視されていない部分でもあります。しかし、利用する営業マンの業務効率化を行い、効率を上げるためには非常に重要な部分でもあります。 営業支援ツールの導入を検討する場合には、このような評価ポイントを十分に鑑み、最適な形で処理の出来るツールを選択することが業務効率化に繋がるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る