本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援!営業力強化はキャラクターの使い分けでできる

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援!営業力強化はキャラクターの使い分けでできる

営業支援!営業力強化はキャラクターの使い分けでできる

キャラクターと聞いて、アニメや漫画の登場人物をイメージするでしょうか。ですがこれを使い分けることで人間関係もスムーズに運ぶことができます。
今回は営業支援として「営業力強化のためのキャラクターの使い分け5つのポイント」を解説します。

まず今回扱う「キャラクター」という言葉は、「その人らしさを表す性格や個性」をさすものとします。

1、自分自身のポジションを把握する
営業力強化のためにトークスキルを磨く人は多いでしょう。しかし、そのトークも自分自身のポジションを知らねば的外れなものとなってしまいます。ポジションを把握するというのは、自分自身の求められる振る舞いを知ることにつながるためです。

2、周囲の人の反応を把握する
自己分析を繰り返し、強み・弱み・特徴を洗い出すことも大切だが、自分自身へ周囲の人がどのように接しているかを把握することも大切です。なぜなら必ずしも自分自身が望んだかたちで周知されないからです。
周囲の人の接し方から「どのような振る舞いを求められているのか」を知ることができきます。

3、自身と周囲のギャップを知る
自分では「明るくムードメーカー」と思っていたとしても、周囲では「少し落ち着きのない人」と思われているかもしれません。
人はそれぞれに個性や求められる人柄が異なりますし、自身と周囲とのギャップを知ることが適切な使い分けのポイントになります。
一概にパターン分けはできませんが、会話の端々から相手の人柄なりをつかみその場でポジションを把握し立ち振る舞いを変えること。実行することによって営業力強化がなされます。

4、ネガティブな思い込みや決めつけを捨てる
「自分はこうだから…」と、自分自身に対してのネガティブな思い込みが強くはないですか。
そういったネガティブ要素は「ポジティブな言葉」に変換することです。
実際にやってみるとよくわかりますが、ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変えるにはボキャブラリーと発想が大切になってきます。営業力強化にも、営業支援としても試みるといいです。

5、周囲に振り回されすぎない
今まで周囲にあわせて適切にキャラクターを使い分けしましょうと言いながら、急に何をと思うかもしれません。
しかし、周囲に振り回されるだけでは営業力強化どころか「芯がない人」とレッテルを貼られかねません。
営業支援としていえることは、譲れない芯を持ちつつ、周囲にあわせる余裕が必要だということです。
言うは易く行うは難しですが、芯がある人間というのは魅力的です。

以上営業支援として成果の向上、営業力強化として取り上げましたが、どれもそこまで難しいものではないです。営業支援としてとりあげたこの5項目を繰り返すことによって人間的魅力が高まるでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る