本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業育成や社員育成に繋がるSFAの使い方

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業育成や社員育成に繋がるSFAの使い方

営業育成や社員育成に繋がるSFAの使い方

企業に対して商談を進めるときは営業担当社員が一人だけがかかわるのではなく、チームや営業部全体がかかわり、ベストなアプローチをして行くチームセリングを行うことが基本です。上司が持っている売るノウハウを部下に伝えるためにも、営業の報告書や日報を活用することも欠かせません。

SFAを導入することで営業担当者個々の力だけに頼るのではなく、営業部全体の総力をもって商談をこなすことができ、どんな戦略が有効であるかを上司から部下に伝えていくことは営業育成にも有効性があります。営業力をアップさせるための商談能力向上は社員育成の中でも不可欠なものですが、研修を頻繁に開催することも難しいため、SFAを営業育成目的で導入を行うと良いです。

SFAではリアルタイムな商談進行の入力を行い、それに対して上司がコメントする部分も設けておけば、報告や連絡そして相談がスムーズに行えるだけでなく自然と習慣化されていきます。上司からのコメントにより、機転を利かせた営業を瞬時に行うことも可能となって、無駄な時間も少なくできます。情報を営業部全体で共有化できると、重要商談が発生した際にすぐにサポートを行うことができます。商談が中々まとまらないと競合他社に奪われてしまう可能性もありますから、データベースを活用して素早い判断を行っていくことは成功に繋がります。

営業育成など目的を絞り込むことで、導入するべきSFAを選びやすくなります。営業担当者が使いにくい支援ツールでは役に立たないので、直感的な操作性を実現していると便利です。使いやすいように項目を追加できるようであればより良く、会社独自の内容で強化すれば利用価値が高まります。

SFAの利用で自分の実績だけでなく他の営業社員の実績も分かるようになれば、ライバル心も育ち、より努力するようになっていきます。自分で営業のやり方を工夫や改善していくようになるので、営業育成に効果的です。

SFAで確認できる情報は自社内のものだけでなく、競合他社の情報も得られるようにするべきです。商談に出かけると必然的に、営業担当者は他社の情報を得る機会があります。それをデータ化して共有することで、新たな売り込み方にチャレンジできるようになります。商品情報も盛り込み、その評判などもプラスしていけば新たなサービス展開や商品開発の参考にすることもできます。

クラウド型など色んなSFAがあるので、初めて導入する際はトライアル製品を利用するなどして、使い心地を確かめてから正式導入すると良いです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る