本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業部門の情報発信のためにSFAを活用せよ!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業部門の情報発信のためにSFAを活用せよ!

営業部門の情報発信のためにSFAを活用せよ!

SFAとはSales Force Automationの略で、多くの機能を備えた営業を支援するシステムのことを指します。
書類の作成から顧客の管理、営業の進捗の確認まで全てこのSFAで行うことができる上、クラウド型のシステムのため運用が簡単で特別な機材やソフトなども全く必要としません。極端に言えばインターネットと業務用のPCが一台あれば運用可能です。
操作が簡単なわりに営業や営業を支援するために必要な機能がほとんど全て備わっています。
賢く使うことによって業務が効率化されることでしょう。

SFAには営業部門で使う主な書類作成機能が備わっています。
こうした機能を使うことによりそれぞれ別のソフトを購入したり自分でテンプレートを作成する手間がなく、コストや時間の面で効率的です。顧客から依頼された見積書などは担当営業が作成することも多いと思いますし、作成が遅れて顧客に届けるのが遅れればその分だけ商談をまとめるのが遅くなります。場合によってはチャンスを逃すことに繋がります。素早く手軽に作成できることは有り難いと言えるでしょう。
また、SFAは社員の誰か一人が入力した情報を部署内だけでなく社内全てで共有することができます。
このシステムを利用することにより、多くの情報を紙に印刷する必要がなくなります。
例えば社内教育や営業プロセスの資料、コンプライアンス資料や事例紹介など、こういったものをデータ化してシステム上に置けば社員の誰でもすぐに参照することができます。
また、通達に関しても共有できるということは重要です。
社内メールに添付して通達を発したとしてもうっかり削除してしまう場合もありますし、通数がかさめばその分だけメールがかさばります。
通達を全てデータ化してシステム上の置くことにより何時でもすぐに確認することができるのであえてメール添付をする必要もありませんし、一度はメール添付で発したとしてもすぐに削除して必要なものだけ必要な時に確認することができます。
全員が使うだろう情報を全員で共有する、これはとても有用なことなのです。

顧客情報に関しても共有が可能です。
また、顧客情報には細かな書き込みが可能です。営業部門が顧客の所持している商品や嗜好を書き込み共有することにより営業部門の情報発信のベースとして使うことができます。
例えば営業部門の中でも顧客と直接接する者と補佐に回る事務がいたとします。
情報資料を事務が発信するとすれば、営業担当が記載した顧客情報を参考に新商品情報やお勧め商品情報を発信することができます。
顧客情報の共有ができなければ資料発送担当と顧客対応が別の場合、二重送付をすることや顧客が資料送付を希望していないのに発送してしまうことも考えられます。
しかしSFAを活用し顧客情報を活用することにより効率的な情報発信が可能となるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る