本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業量をさばくためのSFAの大きな役割

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業量をさばくためのSFAの大きな役割

営業量をさばくためのSFAの大きな役割

外回りが多い営業の人は、オフィスにいる時間が短く、外にいる時間が長いので、オフィスでの情報収集やコミュニケーション、日報の作成などの時間が取りにくく、無理してオフィスに戻ったり、残業が増えたりして、仕事の効率が落ちてしまうことがあります。営業効率をアップさせ、営業量をさばくのに向いている新しいしくみがSFAです。

SFAは、営業マンが個人で管理することが多い、顧客情報や営業に関する情報、毎日の報告などを、組織としての有効なデータとして共有する役割を担い、個々の営業マンが活用することができるしくみで、営業の生産性と効率化を高め、営業量をさばくことができるようになる画期的なシステムです。最近、導入する企業が増えてきており、企業の成長に欠かせない営業支援ツールとして、大変注目されています。

SFAを活用すると、営業マンが出先で、顧客情報を手に入れたり、上司からの指示を受けたり、相談することが簡単になります。また、コールセンターやマーケティング担当者の情報をリアルタイムで共有することができるようになるため、オフィスに戻る時間がなくても、営業に役立つ情報を活用することができますし、毎日夜遅くになってから、日報を手書きする必要もなくなり、空いた時間に報告することができるというメリットもあります。

また、SFAのしくみを活用することで、オフィスで仕事をしている人にとっても、指示や相談などをする上司の役割や顧客からの情報を早く、正しく伝えるコールセンターの役割、分析や戦略を立てるマーケティング担当者の役割を効率よく果たすことができる点も、営業マンの活動を支援するために大変有効です。

SFAを活用することで、どの部署の情報も営業マンが活用することができるようになり、相互のコミュニケーションが円滑になるため、企業全体の仕事の効率化を図ることができ、仕事の時間短縮にも結び付くので、余裕のある中で良い仕事ができるようになった、営業量をさばくことができるようになったので売上が上がった、という企業が多く、これからの企業にとっては、導入が必須のシステムになってきています。

個々の営業マンの営業スケジュールを把握することで、上司が全体の指揮をしやすくなり、コミュニケーションをとることができるという点も見逃せません。売上を伸ばし、ひとりひとりが生き生きと活躍することができる企業を目指している経営者が、今取り入れたいシステムとして人気があるのが、SFAなのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る