本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

売上向上のため営業では全社的にSFAを活用する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 売上向上のため営業では全社的にSFAを活用する!

売上向上のため営業では全社的にSFAを活用する!

AFSとはSales Force Automationの略で営業を効率的に行うための支援システムです。
クラウド型のAFSは極めて多機能で、初心者やPCに苦手意識のある人でも使いやすく、導入に際して特別なソフトや機材の購入は必要ありません。極端な話ですが、会社にPCが一台あってインターネットに繋がればそれだけで利用可能です。
AFSには営業のため、業務効率化のために必要な機能が揃っています。
AFSを導入しただけで売上が向上するわけではありません。
ですが上手く使いこなすことによって確実に業務を効率化し売り上げに繋げることができます。

SFAの主な機能ですが、まず、営業に絶対に必要になる書類作成機能があります。
書類を作成する場合はPCに最初からついている機能だけでも作成する分には問題ありません。しかし他にソフトを用意するにしろ、初期の機能を利用するにしろ、確実に時間と手間がかかります。顧客に渡すわけですから読み難いものはいけませんし、見栄えも考えなければいけません。頭を悩ませながらテンプレートを作成するのはそれだけで大仕事です。
ですがSFAの機能を使えばすぐに見やすく書類を作成することが可能です。
営業担当が出かける直前に顧客から急遽電話があり契約を前向きに検討するから数パターンの見積もりを持参してくれなどと連絡が入ることもあります。そんな場合は手軽に見積書を作成することができることは重要です。また、SFAには社員の誰かが入力した情報であれば部署を越え、支店を越え、全社的に共有できるという利点があります。この顧客の応対をした前の担当が顧客情報に別商品にも興味があるといった記載を入れていれば別商品の資料やそちらの商品の見積もりを合わせて持参することによって確実にチャンスへと繋げることができます。
また、営業担当本人がそうした作業をしていない場合でも事務が共有顧客情報を参照した上で資料の発送などを迅速に行い契約に結び付けることができます。
営業は営業一人で行うわけではなく、社員と社員、部署と部署が関わるチームプレーです。
全社的な連携が必要とさえ言えるでしょう。
情報を共有できるということはその分迅速に動けるということですし、連携がしやすくなるということでもあります。

SFAのこうした特徴を上手く掴み全社的な運用ができれば確実に売上向上に繋がります。
営業の連携、業務の円滑化という意味では一つの部署にだけ導入しても意味はなく全社的な運用が条件になります。
ですがSFAの機能を全社的に把握できれば確実に業務は効率的になりますし売り上げにも繋がることになります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る