本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

建設業のSFAの導入目的とは?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 建設業のSFAの導入目的とは?

建設業のSFAの導入目的とは?

SFAとはアメリカ式の営業や営業戦略から生まれた総合的な営業支援システムです。
SFA自体の中に様々なソフトに分散されていた機能が統合されており、営業を支援するために必要な機能がほとんど揃っています。
営業は情報収集という面で見ても、会社の業績を上げるという面から見ても全ての部署の基礎となる部門だと言えるでしょう。
どれだけ営業を効率的かつ幅広く行えるかによって会社の業績が左右されるとさえ言えます。
ですから営業を支援し業務をスマート化すればその分営業そのものに割く時間が増えますので、目に見える形で会社自体の収益、評判に直結します。
SFAにはそのための機能があります。
また、営業は全ての部門に繋がる仕事です。
営業支援システムを使いこなすことによって全ての部門の効率化に繋がります。
SFAはインターネット上でお馴染みのクラウド型のシステムで運用は非常に簡単です。
業務用のPCが一台とインターネット回線があればすぐに運用できますし、営業支援は全ての部門に繋がる仕事ですから、極端な話、そこにコピー機が一台加われば会社のほとんどの業務がこなせてしまうことになります。
また、クラウド型の特徴である情報共有という特性も当然に備えていますし、使い方は簡単で初心者やITに苦手意識を持つ人でもすぐに覚えることができます。
会社の業務の効率化という意味だけでなく社員にとって使いやすいシステムという意味でもSFAは有能です。

このSFAには書類を簡単に作成する機能や顧客情報を簡単かつスマートに管理する機能などがあります。
これらの機能はほんの一部で、使い方次第でSFAの可能性は無限に広がります。
業種ごとの使い方をすることも可能です。
例えば建設業ですが、顧客情報だけでなくSFAを利用して入札管理を行うことも可能です。
また、建設業には必須ともいえる営業許可の取得に際し必要となる添付書類の作成などもSFAで可能です。
建設業では特に現場に出る者と営業や事務を行う者が分かれて仕事をすることが多いですが、入札管理を行うのは事務方だけでなく現場での経験を持つ役職員であることも多いでしょう。
また、大手の顧客が建設を依頼した場合も役職員やベテランの営業が契約に関わることが多いはずです。
その際に過去の入札履歴や契約状況をすぐに確認できる、また、整理して保存されているということは重要です。
特に情報の整理は会社側が一から十まで自分達で行うことは非常に面倒です。手間も時間もかかります。
ですからあらかじめシステムに機能が搭載されているということは重要です。
このように建設業のSFA導入目的は、システムの特性を生かし業種特有の情報の共有や整理、管理をすることなのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る