本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

既存客と見込み客を分けた営業支援

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 既存客と見込み客を分けた営業支援

既存客と見込み客を分けた営業支援

企業が利益を出しながら成長していくためには、業務が円滑にまわっていなければなりません。
業務を円滑にまわすのは人材であり、企画、営業、管理という各担当者の技術や能力も磨いていく必要があります。
社内統制として各人材のスキルアップを目指す事において強力なサポートとなるのが営業支援というサービスです。
営業支援サービスは、営業職の教育に限らず、管理を行なう事務方の教育も行ないますし、より業務が効率化するようなシステムを提供したりもします。
社内だけで全ての事を完結させるのではなく、第三者の力を借りて新しい風を吹き込むのも企業が成長するための材料となるのではないでしょうか。

企業は営業で成り立っているという考え方を持つ人も多いですが、実際には事務や管理を行なう人たちの力がないと営業も意味がありませんし、その逆もしかりで、営業が入り口を開けてくれなければ事務や管理の業務もなくなります。
このように相互関係の中で業務が成り立っています。
例えば、見込み客に対して働きかけるのは営業であり、実際に会って話をして契約まで漕ぎつけるのも営業の仕事です。
しかし既存客に関しては事務や管理の部門が受け継いでサポートをする場合が多く、既存客を逃さないようにするのもこの部門の役割と言ってよいでしょう。
既存客は守りながら、見込み客を契約に導くという事を繰り返していくうちに会社は大きく成長していきます。

このような業務の中で営業支援会社は、それぞれの役割を認識させてやるべき事のすみ分けをしていきます。
営業であれば話し方の研修をしたり、管理部門であれば既存客をどうやって喜ばせるかなどというアイディアを提案しながら、よりモチベーションを高めるためにサポートをしていきます。
さらに最近ではコンピューターがほとんどの業務を担っているという会社も多く、全てがシステム化されて人間の力があまり必要ないというケースも多くなってきています。
こういった会社にしたいという場合の営業支援としては、社内の情報共有がスムーズにいくようなシステムを提案したり、顧客管理をきっちり行なう為のソフト提供などを行なっています。
これもひとつの営業支援であり、難しく面倒な作業が省かれますから、その後の仕事の時間が増えて業績アップにも直結していきます、
苦手な事も何でも自社で行なおうとせずに、外部の力を借りて実践してみるのも会社を成長させていく上で必要な事ではないでしょうか。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る