本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

景気に応じて使える営業代行を営業支援に利用する

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 景気に応じて使える営業代行を営業支援に利用する

景気に応じて使える営業代行を営業支援に利用する

営業支援というと自社に導入して長く使っていくものを連想しがちですが、営業支援という言葉のくくりは非常に広いものです。
何らかの形で営業活動をスムーズに行えるように働きかけたのであればそれは既に営業支援と言えるわけですから、基本的に「営業に関連して、その環境をより良いものにし、売上をアップさせるために導入する」という条件が満たされているのであれば、それは広義の意味での営業支援に含めて良いでしょう。
さて、そうした広義の意味で営業支援と言うものを見ていくのであれば、そこで一つ重要な物として押さえておきたいのが「営業代行」というサービスです。
これは営業代行を生業とする会社と契約することで営業マンを一時的に借り、その営業マンに営業活動を任せるということになるのですが、これには非常に大きなメリットが二つあります。

まず一つ目のメリットとして押さえておきたいのが「営業代行として派遣されてくる営業マンは場数を踏んだプロフェッショナルである」ということです。
営業代行として、つまり会社に派遣されて営業活動をしていくことを仕事とする営業マンが素人だったというのでは話になりません。
ほとんどの営業代行においては成果主義、つまり契約件数やアポイントを獲得した件数で報酬が決まることになるわけですから、そこではしっかりとした知識と経験を積んだ営業マンが派遣されてくるとして考えることが出来ます。
プロの営業マンをすぐに必要な数だけ調達するということは極めて難しいことですが、それを状況に合わせて実現してくれるということは非常に大きなメリットであると言えるでしょう。

次に二つ目のメリットとしてあるのが「景気変動に応じて柔軟に営業マンの数を変えられる」ということです。
通常の営業マン、つまり自社で抱えている人員の場合は、景気が変動したからと言ってすぐに解雇したり増員したりと言ったようなことが出来るわけではありません。
正当な理由なく解雇すればそれは労働者の権利の侵害ということになってしまいますし、また営業マンを雇用して一から育て上げるというのは難しく、中途採用でも適切な能力評価が出来ない可能性があることは否定できないでしょう。
しかし営業代行であれば必要に応じたプロの営業マンを、景気が良い時には多く派遣してもらう、景気が悪い時には派遣してもらう数を減らしたりそもそも派遣してもらわないなどの形で対応することが出来るわけですから、自社の経営のスリム化と言うところでも大きく貢献してくれます。
もちろん営業支援策としては継続的にコストがかかることや契約に際してより慎重に相手を選ばなくてはならないことなどがネックになってくるのですが、こうしたメリットは営業支援策として営業代行を採用するに十分な理由になり得るでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る