本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

案件管理を効率的にする営業支援ツールの効果

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 案件管理を効率的にする営業支援ツールの効果

案件管理を効率的にする営業支援ツールの効果

営業担当者にとって、個々の案件管理を上手に行えることは営業効率の向上に繋がります。しかし、複数の顧客を一度に多数対応しなければならない営業担当者にとっては、その管理は非常に難しいものです。 案件の進捗、売上利益の予測、効果的な顧客フォローなど、やるべきことはたくさんあります。しかし、そのどれもが重要な要素であり、受注に結び付けるためにはどれも手を抜けないと悩んでいる担当者は多いでしょう。 このような問題を解決する一つの方法としては、営業支援ツールを用いて案件管理をそのツールに登録し、管理業務をツールに任せてしまう方法があります。例えば上司への報告業務も非常に重要な営業活動の要素ですが、この業務をツールに代行してもらうのです。案件ごとに進捗管理が出来るツールであれば、その進捗状況を入力しておくだけで上司が内容を確認し、適切なコメントやアドバイスを行うことができます。貴重な顧客対応の時間を割くことなく、空いた時間で入力する、若し社内のネットワークのセキュリティが許すのであれば、スマートフォンなどを使って出先から入力することも可能になります。このように効果的にツールを利用することで貴重な時間を有効に使いつつ、迅速な報告業務及び上司とのコミュニケーションを図ることができるようになるのです。 また、案件の情報を数値管理できる営業支援ツールも多く登場しています。一般的に営業活動は売上予算に基づき行われており、企業の目標としては売上予算を達成できるかどうかが大きなカギとなります。その為、目標数値の達成確度を早期に見極め、見込みのない案件や顧客からは早期に撤退し、新たな案件を探すことも重要なことです。その為に案件管理ツール上で進捗を確認し、見込みの少ない案件を表示しツール上で上司の判断を仰げるような機能は、営業支援ツール上では非常に重要な機能となってきます。 従来の営業支援ツールは、どちらかといえば案件の進捗管理を行う機能が主流でした。営業プロセスには企画、提案、受注の各プロセスがあることは良く知られていますが、その進捗を予定通りこなされているかどうかを管理する機能はどの案件管理ツールでも充実しています。しかし、その情報を統計的に分析したり、もしくは次の一手を考えるための情報提供の機能が不十分でした。営業がなかなか進まない時代においては、そのような機能を持つ営業支援ツールが、今後の主流になっていく傾向にあります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る