本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

法人営業での話し方は営業支援で学ぶ

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 法人営業での話し方は営業支援で学ぶ

法人営業での話し方は営業支援で学ぶ

企業は商品やサービスを売って利益を得るという仕組みとしてはどこも同じですが、商材や相手にする顧客にも違いがあります。
個人に対して売り込む場合と法人に対しての場合、二通りに分かれますが、相手に合わせて販売方法や営業における話し方などを変えていく必要があります。
例えば個人宅に訪問して行う営業であれば、安心感が最も重要になるでしょう。
完全にプライベートの空間に他人を招くわけですから、相手ももちろん警戒心が最初はあって、その人の最初の印象で招きいれるのかどうかという事も決めてしまう可能性だってあります。
人懐っこい笑顔や温かみなど、人間対人間という部分を重視してそこに注意しながら話を進めていく必要があります。
法人営業の場合は個人営業と同じようにしていると頼りなさを感じさせてしまったり、軽くあしらわれる場合があるので、賢さと威厳が多少必要になるでしょう。
それぞれに合わせた印象を演出するには話し方を変えていくのが一番です。

経営コンサルタントなどの営業支援サービスではこういった話し方の研修なども行います。
法人、個人、それぞれに対してどのような話し方が良い印象を持たせるかを分析し、適切な営業方法を見出して指導にあたります。
やはり営業は売上に直結する職種ですから、数字を見る前にこの部分を重視するのが本来の営業支援であるという事は熟知しています。
具体的な営業支援の方法としては、発声練習をしたり、話す事のプロを呼んでセミナーを行ったりというように多岐にわたります。
それぞれに性格や癖などを加味した上でひとりひとりと向き合って指導していくので社員のモチベーションアップにもつながり、他の業務にも良い影響を与えるのではないでしょうか。

営業支援ではこのような運営の基盤となる部分をまずは改善してそこから一歩ずつ進んで問題点を解決していくという手法がとられています。
人事面での整備も教育に限った事ではありません。
それぞれの営業成績を分析して個々の収支を出すシステムなども最近はよく活用されており、これまで気が付かなかった無駄遣いに気付かされたりする事もあるでしょう。
営業支援にはもちろんそれなりの費用がかかりますが、社内ではなかなか出来ない全体の整備を行えばおのずと利益率も上がってくるでしょう。
どちらが自社にとってプラスになるかという部分をしっかり考えてこういった外部の力を借りてみるのもよいのではないでしょうか。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る