本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

法人営業向けの広告営業支援は広告媒体の力をチェック

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 法人営業向けの広告営業支援は広告媒体の力をチェック

法人営業向けの広告営業支援は広告媒体の力をチェック

営業支援、営業をよりスムーズに進めるための支援策として「広告」は非常にメジャーなものの一つです。
これはマーケティング戦略を考える際に有用な法則であるAIDMAの法則においても最初のA、Attentionの部分にかかわってくるのですが、営業マンがこれから法人営業をして行く場合において特に重要なポイントとなることは間違いありません。
ほぼ同等の性能を持つ商品が二つあり、一つは以前から名前を知っていた商品、もう一つは営業マンから聞いて初めて知った商品ということになると、やはり以前から名前を知っていた有名な商品が選ばれるケースが多いからです。
こうしたことはネームバリューという一言で扱われることもありますが、このネームバリューを高めていくには広告による営業支援が最も高い効果を示すでしょう。

ですがこの広告による営業支援を考えるのであれば、ただ漫然と有名な雑誌やウェブサイトに広告を出せば良いというわけでもありません。
それが不特定多数の個人に対して営業活動を行う営業マンへの営業支援だというのであれば広告媒体の発行数・閲覧数が重要になってきますが、法人営業は個人営業と異なり、ある程度限られた範囲の対象に対して効率よく見せていくことが重要になります。
実は営業支援を考える側の人でもここを見落としていることは決して少なくなく、法人営業の対象となる層がほとんど見ないような広告媒体、あまり気にとめないような広告媒体に広告を出してしまっているケースは多いものなのです。
より効率よく法人営業をサポートして行くのであれば、やはり広告媒体を選ぶ際にも慎重に検討を重ねなくてはなりません。

ではどういったことをチェック項目として設けていけばよいのかというと、これはやはり「広告媒体としての業界への影響力」が重要になるでしょう。
例えば業界内で読まれている専門誌、機関紙といったようなものがありますが、これは広告を載せる先として最有力候補になりえます。
営業マン個人の単位になると専門誌・機関紙をチェックしていないことはあり得ますが、よほどニッチな業界でも無い限り会社として業界の専門誌を誰も全くチェックしていないというようなことは考えづらいからです。
営業支援は行っていけばそれなりにコストのかかることであり、そこで費用対効果を考えないということは厳禁と言えますから、これから自社が法人営業のための支援として広告を出そうとするのであれば、これから広告を出す先がどれくらい業界内で認知されているのか、どれくらい業界内で影響力を持つのかということはしっかり精査して行きたいところです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る