本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

流行の移り変わる時代のSFAの効率化

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 流行の移り変わる時代のSFAの効率化

流行の移り変わる時代のSFAの効率化

SFAは1990年代後半頃から導入され始めました。そのころと現代では、まず流行や関心の移り変わりのスピードが違います。今売れているからといってその製品がいつまでも流行り続けるというわけではなく、時代のニーズに合わせていく必要があるのです。そのためにも社内管理のスピードアップ、営業業務の効率アップが求められています。SFAのそれに合わせて変化していっているのです。

時代とともにSFAの機能も作られてきました。今の時代は通信環境や携帯などの端末の性能も飛躍的に向上しており使い勝手や利便性も大きく進化しています。スマートフォンなども普及することで営業の空き時間を利用して日報を入力したり資料を調べたりできるようになり仕事効率は格段にアップしているのです。

またクラウド型システムが登場することで、更なる変化が起こっています。自社でサーバやネットワーク機器など設備投資しなくてもSFAが利用できる時代になったのです。従量課金での利用となる場合が多く、保守管理の負担もなくなるため導入が困難と考えていた企業も検討を始めています。SFAの需要は更に伸び続けているのです。

もともとはSFAは営業社員を多く抱えるような大企業での利用のために使われていましたが、最近はその種類も多様化してきました。中小企業が利用するためのもの、分かりやすさを重視したシンプルなもの、機能を最小限にすることで低価格化を実現したものなど自社の規模や営業スタイル、経営状況にあったものを選ぶことができるようになっています。

流行がどんどん移り変わり、どんどん進んでいくビジネスに対してマネージャーが営業担当の仕事を漏れなく管理することは不可能に近いです。エクセルで管理するにも限界があります。そのため営業活動を管理するためのSFAは現代社会においてはどの企業もあたりまえのように利用しています。
ただ、時代のニーズに合わせているとは言え、さまざまな種類があるSFAの中でどれを選びどのように活用するのか分からずとりあえず入れて運用に失敗するというケースも多くあります。

まずは自社でどのように活用したいのかシステムを明確化し、それに合ったものを選ぶようにしましょう。うまく活用できれば社内の全員で情報を共有することができ、分析した内容を営業活動に活かしたり営業活動で得た成果をまとめたりなど、営業活動の効率化と営業成績のアップが可能となるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る