本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

相手へ共感する話し方は営業支援となります

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 相手へ共感する話し方は営業支援となります

相手へ共感する話し方は営業支援となります

営業という仕事をしていくにあたって、普通に話していても調子のいい人もいればそうでない人もいます。営業支援としては、何が違うのか話し方なども一度よく考えたいものです。普段と変わらず話していても調子がいいならそのままでもいいですが、結果がよくないのであれば仕事の時は話し方を変えた方が良い結果になるだろうという事は推測できるからです。

きちんとアポを取り、身だしなみを整えて、準備も万全にして受付などでも挨拶をしっかりしているなど、最低限気をつけたいことは出来ていたとしても、実際に商品などに関して話し始めるとぼろぼろになってしまう人も少なくありません。営業支援として、まずはお客さんとの距離を近づけていくために共感をするように心がけてみましょう。

営業ですから、自社の商品やサービスを売り込むのは当然です。だからと言ってそれを力押しで進めようとするとお客さんからすれば嫌な事ですから、ノーと言われなかったとしても色よい返事を望めるわけがありません。ですが、気弱そうにぼそぼそとうつむきがちに話すというのも暗い印象になってしまって、営業支援からは程遠い表情や声となってしまいます。

お客さんによりそい、いかに気分よくなってもらうかが営業の鍵となります。話し方は普段のクセが出ますから、まずは敬語を正しく使えるように矯正しつつ、お客さんの話もしっかり聞いて商談を進めていくようにしましょう。共感を得る話し方として行いやすいのは、オウム返しです。営業支援として、何度か練習もしておくといいでしょう。自分で言葉を考えるのではなくて、お客さんが言った言葉をそのまま返すだけなので難しくはありません。

自分があれこれと話す前に、まずはお客さんが気楽に話してくれるような雰囲気作りをしましょう。それに対して興味を持って頷いたり、返事をしていきます。そこから肯定を交えてお客さんに共感をしている事を伝えながら、ゆっくりと話していきます。最初こそぎこちなくなってしまうかもしれませんが、すぐに結果を出そうと焦らず営業支援としてじっくりと自分の話し方などを直していくようにしましょう。

そうしてお客さんへどんどん好意的に話をしていけば、自然と距離が近くなって相手もこちらや商品などにより興味を持ってくれます。一回の訪問で契約などを成立させようとするのではなく、お客さんとの信頼関係を作っていけるようにどんどん話し方を工夫していきましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る