本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

社内に説明をしていない失敗例をSFAで洗い出す

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 社内に説明をしていない失敗例をSFAで洗い出す

社内に説明をしていない失敗例をSFAで洗い出す

SFAとはクラウド型の営業支援システムのことです。
導入し際してソフトや機材を購入する必要がなく、また、クラウド型ですからPCを苦手とする者も使いやすく、何より誰か一人がまとめた情報を一部署だけでなく社内全てで共有できるという特徴があります。
これまで情報の共有化を図る場合は紙媒体で印刷し各部署ごと、プロジェクトのメンバーごとに配布する必要がありました。また、個別にデータを送信し確認してもらうしかありませんでした。しかしSFAを導入し上手く利用することによって情報の共有がPCのクリック一つで行えるようになります。これは非常に有用なことです。
紙媒体の資料は印刷に時間がかかり、必要枚数を印刷するだけで一日が終わることもあります。その上、資料や証明書ごとに保存期間が法定化されているためもう使わないものでもきっちり保存しておかなければなりません。
大量の紙の束を保存するスペースを社内に用意するだけでも大変なのに、法定期間が経過してから今度はその大量の紙の束を処分しなければならないわけですから、その苦労たるや凄まじいものでした。ですがネットワーク上で情報を一元化し皆が閲覧できるようになれば印刷の必要もありませんし処分に苦労する必要もありません。
これはコスト削減にも繋がります。

また、特に顧客情報は顧客と直接応対する営業部門だけが把握していることが多かったわけですが、SFAの導入により全ての部署が一瞬で必要な顧客の情報を閲覧することができるようになります。
例えば何時も取り引きしている部署とは別の部署に既得意顧客から電話があったとします。
その場合、顧客情報を営業担当ごとに個人PCで管理していた場合は別部署は顧客との取引状況や商談情報を参照することができませんので適切な応対ができません。しかし営業部門で吸い上げた顧客情報を瞬時に参照できれば顧客と挨拶を交わした後に即座に必要部門へと電話を転送することも容易いでしょう。これは事務上の無駄を削減することに繋がりますし、顧客の方としては何度も部署から部署へ電話を転送されて苛々しなくて済むわけですから歓迎すべきことです。

他にSFAを活用することにより社内に説明をしていない失敗例を明らかにすることができます。
例えば営業部門で顧客との取引でトラブルがあった場合それがささいなことなら失敗例として他部署や上層部に伝わることはまずないでしょう。しかしSFAの顧客情報に失敗例をきちんと書き込むことにより情報が共有され今まで知られることのなかったようなささいな失敗例から大きな失敗例まで共有されます。
失敗は成功の母と言いますね。
普段は営業を行わない部門もそうした情報を共有することにより今後の商品作りや企画、サービスの向上に役立てることができます。
また、上層部は失敗例を検討した上で経営計画を見直すことができるわけです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る