本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

自分の裁量で自由に働ける職場にこそ営業支援は必要

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 自分の裁量で自由に働ける職場にこそ営業支援は必要

自分の裁量で自由に働ける職場にこそ営業支援は必要

最近の社会では社員が自分たちで自由に労働時間を決定できる裁量労働制を採用する会社が増えてきました。
これは「みなし労働時間制」と呼ばれる制度の一環として注目されている物で、社員個人が自分の裁量において必要と考えるだけの労働を会社に対して行い、そして対価を得るという形になっています。
自分の裁量によって労働時間が決められるということでよりフレキシブルに労働時間を管理することができ、また会社としても成果重視の経営ができる、つまりは成果の上がっていない社員に対してより多くの成果を求めたり、成果が上がっている社員に対してはそれぞれの体力などに応じた時間配分をしてもらえるというようなメリットがあります。
ただしかし、こうした自分の裁量による労働時間の決定はデメリットも多くありますから、営業支援によるサポートが必要不可欠であることは確認しなくてはなりません。

では自分の裁量で自由に働ける職場において必要な労働支援は何かというと、これはまず言うまでもなく「個々の状況をしっかり管理できるシステムの構築」と言えます。
この勤務スタイルは先に挙げたようなメリットがありますが、それぞれのことはデメリットにも転じる可能性のあることです。
成果の上がっていない社員は当然ながら会社が本来想定している以上の時間を労働に当てなくてはならなくなりますし、成果の上がっている社員は成果の上がっていない社員よりも良い環境にあるということで慢心してしまうことが考えられます。
加えて「成果が上がりさえすれば良い」という考え方は不正な成果の報告などを招くこともあり得ますから、営業支援策としては個々の状況をしっかり確認することが出来、それぞれの状況に応じたサポートが出来る環境を構築することが必要だと考えられるのです。

具体的な方法としては成果を包み隠さず報告して上司が確認できるように情報を共有できるツールの導入や、管理職に相当する人が現場の人間の状況を確認して現場をより効率的なものにできるように支援して行けるツールの導入と言ったようなことが考えられます。
こうした営業支援ツールの導入はかなりコストがかかってくることになりますが、これは裁量労働制を導入する以上は避けられないことです。
もしこれらの営業支援の拡充を怠ってしまえば、先に挙げたデメリットが大きな問題を招き、最悪の場合訴訟などの法律問題に発展して行ってしまうことも考えられます。
昨今の社会においては裁量労働制の増加に伴った超過労働問題や残業代未払い問題などが取りざたされるようになっていますから「自社は大丈夫」という考え方は非常にリスクの高い考え方です。
自分の裁量で働ける環境には大きなメリットもありますが同時に大きなリスクとデメリットがあるため、それをカバーするための営業支援拡充が必須だとして把握しておきましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る