本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

自社サービスのDMは営業支援サービスを使って送る

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 自社サービスのDMは営業支援サービスを使って送る

自社サービスのDMは営業支援サービスを使って送る

自社サービスの宣伝には「飛び込み営業」「ダイレクトメール」「ウェブサイト」「メール広告」「FAXDM」など、様々な媒体があります。ダイレクトメールは紙のカタログを郵送するか、Eメールで送信するかを選ぶことができます。Eメールはコストが安く、一斉に送信できるメリットがあり、カタログはEメールやオンラインでは伝えきれない情報を掲載することができます。
どちらも「開封して読む」というアクションが必要で、件名や封筒に訴求力の無いものは読まずに捨てられてしまいます。自社サービスがどんなに優れていたとしても、まずは内容を知ってもらわなければなりません。営業支援サービスは、開封率や反響率を上げるためのDM作りを行っています。
インターネットが発達した現在では、EメールでのDM送信が好まれていますが、紙媒体よりも情報量は劣ります。DMは写真、色彩、文章、フォントをふんだんに使った宣伝が可能なので、自社サービスの魅力、メリット、実際にサービスを利用した人たちの声を余すところなく伝えられます。
また、紙媒体とウェブサイトを組み合わせたダイレクトメールもあります。ウェブサイトのアドレスを掲載する、QRコードを印刷して、スマートフォンや携帯電話からもアクセスできるようにするなど、様々な工夫がされています。例えば、サービス利用者の声をウェブサイトから動画で閲覧できるようにする、利用者アンケートの結果を載せるなど、使い方次第では高い反響率が得られます。
反響を得られやすい色使い、読みやすい文章、インパクトを与える写真など、営業支援サービスが持つ独自のノウハウを使ってDMの作成を行います。効果の高いDMを作成するなら、DM作成専門の営業支援サービスをおすすめします。
営業支援サービスは、DMを発送して終わりではありません。自社サービスの需要に沿った送り先の抽出、フォローコール、新規顧客の開拓支援、後方支援まで様々なサポートもしています。ダイレクトメールは反応の見込みがあるところへ送ることが重要になり、闇雲に送ってもアクションは期待できません。
アクションを起こす確率の高い見込み客に送ることが大切なのですが、自社だけではどのような企業や顧客にダイレクトメールを送ればいいか判断が難しい時もあります。営業支援サービスは、見込み客リストを独自に作成しているので、自社のニーズに沿ったところへダイレクトメールを送付できます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る