本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

若手営業マンの育成にも使える営業支援システムの機能

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 若手営業マンの育成にも使える営業支援システムの機能

若手営業マンの育成にも使える営業支援システムの機能

できる営業マンはいるけれども、これから入ってくる若手営業マンの育成が不安という時にも、営業支援システムは使えます。

例えば、営業支援システムの一機能であるレポート機能を使えば、それをノウハウ化して今後の若手営業マンの育成に役立てることが出来ます。

レポート機能には、活動情報で登録した行動プロセスを、担当者・商材別などのレポートとして確認することが出来ます。営業支援ツールとしては、商談の進め方などの改善のためにレポートを分析していくのですが、これをノウハウにしてしまえば、若手営業マンが優れた先輩営業マンのやり方を取り入れて行動していくことが出来ます。

今までであれば、若手営業マンは飛び込み営業で実践ありきの世界でしたが、もっと効率的に営業を覚えられるようにするのにも、営業支援システムは使えます。

実際に入ってきた時には、部下と上司の間で起こるすれ違いを減らすことにも貢献します。上司と部下は世代が違うため、考え方ですれ違いが起こりがちです。また、ミスをした時の報告が遅れてしまってサポートが遅れてしまうこともあります。

これをなくすには、感情が入らない営業日報で部下の行動を確かめて、上司が素早くサポートできるようになると良いです。考えかたが違うのは仕方ないことですが、部下がミスした時にすぐに上司がサポートできれば、ミスを最小限で食い止めることが出来ます。

営業支援システムを使って商談をプロセス化させ、それを社内で共有することが出来れば、新入社員も働きやすくなります。失注やクレーム対応の遅れなどの過去のミスでも、これを情報として生かすことが出来れば、将来の若手育成や営業全体の効率アップに繋げることが出来ます。

使いやすい営業支援システムのポイントは、情報入力が簡単、利用目的がはっきりしている、入力された情報が生かされる仕組みが使える、という点です。特にアナログ式から切り替える企業では、入力の簡単さは大切です。

今までよりも使いやすいツールが増えてきていますが、ツールを活用して受注率アップに結びつけることが出来なければ、使っている意味がありません。活用するにはある程度仕組みを作り上げておいて使う必要があります。

営業担当者がツールを使いやすいように、環境を構築しておくことも大切です。導入してすぐに効果が出るのではなく、効果が実感できるようになるまでには中長期的な時間がかかる可能性がある、ということも理解しておきましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る