本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

表情も話し方の一つで営業支援となります

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 表情も話し方の一つで営業支援となります

表情も話し方の一つで営業支援となります

もっと営業成績を上げたいと思うのであれば、営業支援のために自分の話し方は定期的に見直すといいでしょう。それなりに効果はあるからあまり興味がないと言っていると、いつまで経っても自分の営業成績は変わる事はありません。特に話し方は訓練次第で変えていく事も出来ますので、仕事中だけでもよく意識してみるといいでしょう。

また、営業支援として話し方を考えるのであれば、自分自身を総合的に見ていく必要があります。話すだけでなく、そのときどんな表情をしているのか考えた事はあるでしょうか。意外に思うかもしれませんが、お客さんは営業マンの顔をよく見ています。もちろんあまりに不躾に見るという事はないのですが、どんな人だろうと印象を決めるのにはやはり顔を見て、それから声などを聞いて判断していくのです。

よく言われますが、話す内容以上に自分自身の顔つきやお客さんの前で見せる表情は重要なポイントです。メラビアンの法則という話は営業支援の一環として、誰もが一度ぐらいは聞いたことがあるでしょう。これは話し方や印象については内容云々ではなくて、話している人の表情や声質などの方が重要だという研究結果が出ているのでよく話題になります。人を判断する基準として、約55%程が見た目、その次に声などの話し方が約38%、そして話している内容に関しては残りの7%ぐらいと殆ど重要視されてはいないのです。

営業支援のためにトークを見直そうというような話題はよく出ますが、それ以前の問題だと言えます。話す内容はともかく、まずは自分の顔つきですから、鏡を見て口を動かしてみましょう。笑顔が出ているかどうか、口角は上がっているかなど、ゆっくりでいいのでチェックしていって下さい。自分の顔つきはよく分からないというのであれば、他の人に見てもらうのでもいいでしょう。対面で話をしてみて、そこで実際に指摘をしてもらうと分かりやすいです。

どれだけ商品やサービスが素晴らしくても、話をする営業マンの表情が暗かったり怖いものであると、それだけでお客さんは心を閉じていってしまいます。興味があって会う所まで来たのに、顔つきなどの印象で実際に売り込みたいはずのものの評価もよくないものへと変わっていってしまいます。営業支援として、表情や声の質もお客さんに合わせてゆっくりと優しい雰囲気を出してみるように心がけましょう。そうする事で、お客さんとも会話ができるようになっていろんな話の糸口がつかめるようになるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る