本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

訪問先には配慮して出かけるのが営業支援

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 訪問先には配慮して出かけるのが営業支援

訪問先には配慮して出かけるのが営業支援

営業をしなくてはいけないと思うと、何とかアポを取った訪問先に出かけるときは資料や商品などを抱えて出かけることも多くなります。ただ単に出かけても効果的な営業は出来ませんので、営業支援として訪問先への配慮もしていかなくてはいけません。一般常識としてのマナーもありますから、出かける前にチェックをしておくようにしましょう。

自分がこれまで営業をしていても効果があまり見られなかった時には、どんな訪問をしていたのかを思い返すのも営業支援の一つとなります。基本的にはアポイントメントを取ってから出かけるのがマナーの一つですが、それは最低限できていることとしましょう。その時には、どんな用件で訪問するのかと、訪問先の都合の良い時間などを聞いておきましょう。どれぐらいの時間をお客さんから頂くのか大まかに伝えておく事や、訪問人数についても伝えておいて下さい。お客さんに合わせながら、自分にも良い日程になるように調整しましょう。営業支援としてしておきたい事は、事前の準備を入念にしておく事です。時間の無駄などもないよう訪問先に出かけられるようにルートの確認をしたり滞りなく話を進められるように資料等を準備して忘れないように持参しましょう。

また、実際に訪問先に出かけて到着したら受付へいく事になります。営業支援という考え方も余りないかもしれませんが、自分の行動がその会社のイメージを作るといっても過言ではありません。冬場などはコートなども着用する事が多いですが、玄関前で脱いでから入るようにして下さい。見られていると思って、礼を失しないような行動を心がけましょう。

一般の会社だけでなく時には個人宅に訪問する場合もあります。その場合も営業支援として訪問時間にもより気を使うこととなります。前日に訪問する旨を伝えておけば、個人のお客さんでも忘れたりせずしっかりとその時間に待機してくれるようになります。身だしなみにも気をつけるのは会社訪問と同じですが、個人に対しても同じぐらい配慮するようにして下さい。場所が分からずにタクシーを使う事もあるかもしれませんが、自宅前に乗りつけると横柄な印象を与えてしまうので、手前の所で降りていくようにしましょう。

どんな場所が訪問先であっても、事前の準備をきっちりと行い、場所に合わせて相手に配慮をした行動を取るようにする事がポイントです。資料なども忘れないようにして、万全の状態で営業ができるようにしてから出かけましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る