本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

長期的な商談の進捗状況がわかる営業支援システム

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 長期的な商談の進捗状況がわかる営業支援システム

長期的な商談の進捗状況がわかる営業支援システム

営業担当者が日報につける内容は、「いつ」「誰と」「何をして」「結果はどうなったか」「次にどうするか」ということです。
これを営業支援システムを使ってつけておけば、その日の業務と商談の内容が一覧表示されます。
上司は進捗状況をすぐに確認することが出来るので、閲覧やコメント返送の手間が減ります。

業種によって、よく使う情報項目(商談の分類・進捗状況・受注確度)はキーワード入力出来るので、入力の手間が軽減出来ます。アナログ派の社員でも使える簡単な仕組みですし、携帯電話などからの入力にも対応しています。

そのほか、顧客情報を知るためにヒアリングすべき事項を洗い出して、日報をつけるときに自動的に顧客情報を更新してくれる機能もあります。

一日単位で活動内容が表示されるので、訪問や商談などの営業活動の記録がわかりやすいのがメリットです。営業活動は商談情報に登録して、資料作成や会議などの業務内容は業務情報に登録しておけば日報とデータ蓄積作業が同時並行で行えます。

社員がつけた日報に対してコメント入力機能があるので、上司から部下へスムーズにアドバイスや指示を送ることが出来ます。

営業支援システムでは、さらにブックマーク機能で重要情報や参考になる情報を強調させることも出来ます。ブックマーク機能がない営業支援システムでも検索は出来ますが、ブックマークをつけておくことで、さらに検索の手間を省いて業務効率をアップさせることが出来ます。

また、ブックマークした日報を社内で共有することが出来るので、重要事項の確認を全体で行いたいときにスムーズに確認することが出来ます。

これらの機能を使うことで、じっくり取り組む必要がある案件の進捗状況を確認しながら進められます。長期的な営業が必要なときには、情報がバラバラになってしまうと行き詰まりやすいですが、営業支援システムで検索やブックマーク機能を使いこなせば、効率よく案件を進めていくことが出来ます。

また、営業のアプローチ漏れをなくす機能もあります。訪問が滞っている顧客や案件、クレーム対応の遅れなどに対して、アラートしてくれる機能があるので、最適なタイミングでアプローチすることが出来ます。

営業支援システムに必要な情報をカレンダーやスケジュール機能で登録しておけば、設定しておいた時期にアラートで知らせてくれるので、アプローチ漏れが減ります。長期案件とほかの案件を同時に進めるときにも便利です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る