本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

難しい新規顧客の開拓を営業支援システムで改善

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 難しい新規顧客の開拓を営業支援システムで改善

難しい新規顧客の開拓を営業支援システムで改善

どのような企業でも頭を抱える新規顧客の開拓。飛び込み営業をしても、電話営業をしても、いまいち成果に繋がらない。そうお悩みの人も多いのではないでしょうか。新規顧客の開拓は難しいと言われていますが、営業支援システムを導入してから、制約率がアップした導入例があります。
新規顧客を開拓するには、営業電話やダイレクトメールの発送、飛び込み営業などがメインになります。営業支援の一つに、営業電話の代行があります。
「新規へのアプローチがなかなか上手くいかず、アポイントを取り付け段階までたどり着けない」「今までのユーザー層とは違う層を取り込みたい」「自社で営業電話を掛けるには限界がある」など、当てはまる項目があれば、営業支援を検討してみましょう。
営業電話を専門にしている営業支援サービスは、テレアポや電話でのマーケティングに優れています。新規顧客獲得のためのノウハウ、行動量は自社で行うよりも効率的に営業が行えます。
Eメールを使った営業支援サービスもあります。これは自社の製品やサービスの宣伝がメインです。新規顧客を開拓するには、まずは会社の認知度を上げなければなりません。そして、製品やサービスの良さを理解してもらうことが重要です。メールを使った営業支援で何よりも重要なのが、読み手の気持ちを考えていない宣伝だけの文章を送らないことです。独自の文章で営業メールを送る業者を選びましょう。
自社での営業電話やメール送信では、どうしても限界があります。見込み客と判明するまでにも時間がかかりますし、中には冷やかしや同業者のリサーチが入ってしまう場合もあります。その点、代行の営業支援サービスであれば、純粋な顧客リストをチョイスするので、確実に新規顧客を獲得できます。費用はメール宣伝代行であれば、一通一円と格安で依頼できるところがあります。各社によって費用は違いますので、資料の請求をしてみましょう。
選ぶ際のポイントは、どの程度の顧客リストを持っているか、どのような電話やメールで営業をするのか、ハッキリと記載してあるかどうかです。ひたすら電話をするだけ、メールを送っておしまいになってしまう会社も中にはあります。そういったところに依頼をしてしまうと、新規顧客獲得には繋がりません。
しっかりと打ち合わせができる、製品やサービスのメリットや特徴などを一緒に考えられるような会社を選びましょう。できれば、カスタマイズのできる営業支援サービスがいいでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る