本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

顧客リフォームを実施するビル保守業のSFA導入目的は特徴的

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 顧客リフォームを実施するビル保守業のSFA導入目的は特徴的

顧客リフォームを実施するビル保守業のSFA導入目的は特徴的

SFAの導入目的をビル保守業の視点から考えた場合、特徴的な項目が浮かび上がります。全てにおいて顧客リフォームを実施する取引先の利益につながりますが、ビル保守業においてもSFAを導入して成約率の向上などを実感することができます。最終的には顧客リフォーム時のスムーズ対応に直結し、そのプロセスは順を追って理解しておく必要があります。第一に、営業チーム全員が連携できるように環境を整えておくことが最重要課題です。

顧客リフォームのスムーズ対応を実現させる際に大切なのは、営業に携わる従業員全員が正しい情報確認を行っておくことが大前提です。ありのままの顧客からの要望を全員が把握しておくのみならず、不確定要素が存在しているときにはSFAを通じてチームで検討することも要します。その結果、真に顧客が要求してる内容が浮き彫りとなります。そうなれば施工の手配を済ませることが重要になり、関係各所との連携業務に専念することによって顧客を満足させられます。

ビル保守業がSFAを導入する明確な理由としては、顧客へのスムーズ対応が容易になることも挙げられます。営業チームに属する全従業員が情報確認を怠らなかったとしても、だれかが施工開始のきっかけとなる行動を起こさなくてはなりません。ときおり、あまりの忙しさに顧客対応の進捗状況を独断で予測してしまうチームがあります。他のチームメンバーがよしなに行動を起こしてくれるなどと、信じて疑わないことが原因です。

他人任せにしているメンバーが多い営業チームは、往々にして顧客対応が遅れがちになります。良く言えば仕事仲間を信頼しているということですが、実際には他力本願で当事者意識が欠けている人が寄せ集まっただけのチームに過ぎません。こうした杜撰なチーム運営では顧客からの不満が噴出してしまうことは避けられず、場合によってはビル保守業としての地位が危ぶまれる可能性も否定できません。

SFAを導入していれば、利用者全員が顧客リフォームのスムーズ対応を実現させるために行動しなければならないと感じるようになります。顧客対応の進捗状況がSFAによって明らかになるので、ビル保守業としての評判を良くするために営業担当者は積極的に行動を起こすというわけです。

組織人であれば喜々として他力本願を主体とする仕事に臨みたくないと考えるのが自然ですから、何かしらのきっかけを与える必要があります。その効果的な手段の一つが、SFAを導入することです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る