本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

飛び込み営業で契約に至る言い回しを知っている営業支援

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 飛び込み営業で契約に至る言い回しを知っている営業支援

飛び込み営業で契約に至る言い回しを知っている営業支援

常に新しい取引先を開拓することが、会社の可能性を広げて売り上げをあげることにもなります。既存の取引先との取引を拡大させることも重要ですが、一部にだけに売り上げを頼っていると、そこが不振の時に大きなダメージを受けてしまいますので取引先を広げておくことは重要です。また、新規先からまた新規先を紹介してもらえるという可能性もあります。

しかし、なかなかうまく契約に至らないのが新規先です。確かに見ず知らずの相手から取引をしてほしいと突然言われても、信用できるところなのか、メリットはあるのか、面倒な手間が増えるのではないかなど、いろいろと不安な点が出てくるので、改めてそのようなところに簡単に飛び込める会社やお店はないでしょう。

そんな心配を取り除いて、前向きに考えさせるには言い回しの工夫が必要です。その言葉使いや話の進め方に長けているのが営業支援の営業マンです。営業支援サービスでは、経験豊かで実績の豊富な人材がいますので、飛び込み営業でも活躍しています。多くの現場で初対面となる飛び込み営業で、話を聞いてもらい、実際に契約となっているのです。

まず、初対面の相手に警戒心を取り除き、どんなメリットがあるのかをわかりやすく説明します。これは基本的なことと思いがちですが、その場の判断でどんなお店なのか、どんな点が面倒なのか、対応できる範囲などを把握していないと、的外れな話になってしまいます。お店の状況や少しの相手からの話で判断しないといけないので、ここで多くの経験がある営業支援の力量が発揮されます。

飛び込み営業では、その場その場で相手の状況を推察しなくてはなりません。情報も少ない中で、いかにメリットがあるのか、面倒なことではない、さらに安心感と誠実さを印象付けなくてはなりません。飛び込み営業では瞬時に理解して、それにぴったりの提案や説明ができないと興味を持ったもらったり、話を続けてもらえません。そのためには言い回しや話の進め方にもコツが必要です。

そのスキルを多くの現場を踏んで実績を挙げている営業支援の人材なら、判断して適切な話ができるので、相手も自分のことと感じて話をしてもらえるのです。初対面の相手でも、その人の立場に立って考えることができるので、信頼にも繋がり、契約率もアップします。営業支援を活用することで、相手の胸元にすんなりと入ることができ、契約を増やしたり、ニーズをつかむことも出来ますので、多くの情報を得ることも出来ます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る