本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

飛び込み営業の営業支援のポイントは素早く帰る事

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 飛び込み営業の営業支援のポイントは素早く帰る事

飛び込み営業の営業支援のポイントは素早く帰る事

営業支援をしっかりと行う事で、営業自体が上手くいくようになります。
ただ、その営業支援のポイントを良く理解しておかないと、どれだけ頑張っても結果がついてこないという事も珍しくありません。
では、一体どういう事に注意すべきなのでしょうか。

まずは、営業の方法の一つとして飛び込み営業と言う物が有りますが、これに関しても営業支援のポイントと言うのは存在しています。
飛び込み営業と言うのは新規の顧客をゲットする上でもとても良い方法と言えますが、反対にその方法を誤ってしまうと自分が所属している会社等の評価が下がってしまう可能性も秘めています。
従って、どうすれば良いのか、どう対応すべきなのか、どこに注意すべきかという事を営業支援としてしっかりと押さえておく事が重要です。

飛び込み営業の上で注意したいのが、どれだけの時間を費やすかという事です。
とはいっても、自分の時間をどれだけ費やすかという事ではありません。
注意したいのは自分の事ではなく、営業先の人、対応してくれた人の時間を自分がどれだけ使ってしまうかという事です。
相手にとって興味がある事であれば、ある程度の時間相手に使ってもらっても何ら問題はありませんが、相手自身があまり良い反応をしていない時はどうでしょうか。
長々と営業トークを続けて行けば結果につながると思う人もいるかもしれませんが、実際には決してそうではありません。
重要な事はどれだけ素早く帰るかという事です。
その為、営業支援を行う場合は飛び込み営業の時の時間と言う点についてはしっかりと触れておく事が重要です。

まずは挨拶をしに来ただけ、次はチラシを持ってくる、次は少し話をする、そういうのを一つずつこなす様にする事も重要と言えます。
良く飛び込み営業の場合は挨拶から自社の商品の宣伝までを1回で終わらせてしまおうとする人が少なからず存在していますが、実際には初めて自分の所に来た相手から色々な商品について紹介されたとしても、その話に興味を持ってくれる人はあまりいません。
反対に早く帰ってくれないだろうか、対応自体が面倒だ、と感じてしまう人もいる程です。
素早く帰るというのは全く営業に関しての効果がなさそうにも見えてしまうかもしれませんが、実際には1分程度の訪問を何度か繰り返す方が相手に覚えておいてもらう事ができるし、何よりマイナスな感情を抱かれにくくなります。
そういった人間心理について良く理解しておく事、これが飛び込み営業をうまく行う為にはとても重要な事です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る