本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

飛び込み営業への営業支援、コツは気楽に訪問すること

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 飛び込み営業への営業支援、コツは気楽に訪問すること

飛び込み営業への営業支援、コツは気楽に訪問すること

社会に存在する数多くの業務の中でも、飛び込み営業は社員が最も行いたくない業務のひとつだといわれています。気合いを入れて訪問しても全て断られてしまい、契約に結び付く兆しがない。周りのライバルたちと自分を比べてしまい、自信をなくしてしまうなど、特にメンタルへのダメージは大きいです。飛び込み営業を任された人たちへの営業支援として、いくつかアドバイスできることがあります。

営業支援としてアドバイスできることのひとつ目は、「あまり深刻に考えず、気楽に訪問すること」です。飛び込み営業の初心者は、結果を出さなければ、という義務感で自分自身を苦しめています。自宅にいきなり見ず知らずのセールスマンがやって来た場合、多くの人は相手をしないか、相手をする場合でもすぐに追い払ってしまいます。どこの誰かもわからない相手に気を許して、まともに相手をする人間はほとんどいません。これは個人のみに当てはまる問題ではなく、会社などの組織でも同じです。いきなり行っても信用されず、断られるのが当たり前です。失敗して当然なのですから、上手くいかなくても自分を責める必要はありません。

営業支援としてアドバイスできることのふたつ目は、「相手に信頼してもらうこと」です。飛び込み営業の初日から商品やサービスをアピールしてはいけません。相手は見知らぬ訪問者に対して警戒心を抱いているので、まずは気を許してもらえるように努力しましょう。いきなり商談を始めようとすると、利益だけが目的の悪徳業者だと疑われてしまう可能性があります。まず丁寧に自己紹介をして、自分が怪しい者ではないことを証明しましょう。初回は相手との会話を楽しむ程度でいいですが、会話の中で相手がどのようなニーズを抱えているのかを聞き出せるとベストです。

営業支援としてアドバイスできることの三つ目は、「タイミングを逃さないこと」です。会話中に相手が欲しいと言った商品や商品情報を、その場ですぐに出せるかがポイントです。このタイミングは非常に重要で、逃してしまうと後で別の会社の商品を買われてしまう危険があります。商品の実物や商品説明のパンフレットと資料は、必要な時にすぐ出せるように準備しておきましょう。

飛び込み営業の営業支援としていくつか書きましたが、これらは決して難しいことではありません。成功のカギは、相手からの信頼と努力です。契約を勝ち取るには長い時間がかかるので、それを我慢できるかどうかが成功の分かれ目です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る