本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

飛び込み営業先でも粘りすぎないベストな活動に繋がる営業支援システム

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 飛び込み営業先でも粘りすぎないベストな活動に繋がる営業支援システム

飛び込み営業先でも粘りすぎないベストな活動に繋がる営業支援システム

営業プロセスが効率化されていないと無駄な時間が増え、成果も得られない状態になっては企業の発展もあり得ません。タイミングよく売り込みができなかったことが利益の減少に繋がることもある訳ですから、営業支援システムを活用し効率よく活動できるようにするべきです。

営業メンバーが持っている顧客情報は、社内で共有されるべきで、膨大なデータがこれからどんな商品やサービスを提供するべきか指示してくれますし、顧客に不満を感じさせない対応もできるようになります。営業担当者が外を飛び回っていると毎日の日報の記入も面倒になりがちです。しかしその日の内に処理されなければ、余計に負担が積み重なっていきます。そこで営業支援システムを導入すれば色んな日報入力方法を選択できるようになります。

出先からでもモバイルを利用して日報や顧客データを入力できるようにすれば、ちょっとした空き時間を有効に使えるようになります。電車やタクシーなどで移動する時間や相手方との打ち合わせまでの待ち時間など、好きな時間に入力が行えます。商談を行っている際に、どこでもデータを引き出し参考にできることも魅力で、過去の商談経緯を確認することができれば、ベストな提案や交渉を行えて、相手方を満足させることにも繋がります。

新規開拓のために飛び込み営業を行うときにも、これまでのデータが役に立ちます。未訪問顧客の把握を行い、必要なセールスは何かを理解できれば、初めての顧客に対しても上手く話を進めることが可能になります。データを元にすれば、飛び込み営業先でも必要と考えられるものだけをピックアップしてアピールできるため、粘りすぎない営業が行え相手方に不満を感じさせることも少なくなります。

あっさりしすぎない営業は相手方にも印象を植え付け、飛び込み営業でもしっかりと重要なセールスを行えることは信頼にも繋がります。信頼を得られれば仕事の依頼ももらいやすくなって、新規開拓が成功したといえます。

営業支援システムで飛び込み営業先の情報も瞬時にデータとして蓄積されれば、経営者もリアルタイムな把握ができるため、営業に対してのサポートを十分に行うことができます。実績や見込みの把握がすぐに行えることも経営を行っていく上で重要であり、新たな企画開発を行う際も、リアルなニーズを参考に話し合うことができるようになります。営業支援サービスを導入後、きちんと使いこなすことも重要となってきます。

営業支援サービスを利用するときにはセキュリティにも注意が必要で、営業担当者が外部で情報を扱う際に、他人に情報を見られないようにすることや、大切な情報を引き出せる端末やアクセスするパスワードの管理なども厳重に扱うように指導する必要があります。情報が漏れることは会社の損失であり、顧客離れを起こす可能性もあることを理解するべきです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る