本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

食品ラウンダーのSFAの導入目的とは?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 食品ラウンダーのSFAの導入目的とは?

食品ラウンダーのSFAの導入目的とは?

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業理念や営業方法を取り入れて生み出された営業を支援するためのシステムです。
システムはインターネット上で多くの人が馴染んでいるクラウド型が採用されており、ITに苦手意識を持つ社員でもスマートフォンの操作ができるなら問題なく使いこなすことができます。
導入に際しては特別な機会を用意する必要もありませんし、ソフトの購入も不要です。
インターネット回線が整備されており業務用のPCが一台でもあればすぐに運用が可能です。
手軽で経済的なシステムと言えるでしょう。そのわりに中身は非常に機能が多く、多彩なシステムであることに驚かされるでしょう。

SFA自体の中身は、今まで多くのソフトに分散されていた機能を一つにパッケージングしたようなものになっています。
こんな機能があったらよかったのに、これらの機能が一つにまとまっていたらよかったのに、という機能が一つに統合されているのですから今まで別々のソフトで行っていた業務もSFAで一元化できるため非常に有り難いことでしょう。
それだけでなく、クラウド型の特性である情報共有も当然可能です。
SFA上にデータを置くと、例えそれが北海道支店と沖縄支店であっても瞬時に両支店の社員が部署を越えて共有することが可能になります。ですから、各機能を使用して作成したデータはあえてメール添付で送信する必要すらないということです。
北海道支店で作成した見積書や仕様書を沖縄支店が参照して、似たような事情の顧客の営業にすぐに使用できるということです。
また、使用に際し東京本社の承認を得る必要があったとしても、東京本社でも情報を共有しているわけですから承認スピードは紙媒体で報告書や稟議書を渡していた時よりも比較にならないくらい速いはずです。
また、SFAの機能を全て使う必要はなく、取捨選択しその業種特有の使い方をすることも可能です。
食品ラウンダーの場合はどうでしょうか。

食品ラウンダーは現場と本部、売り場と管轄部署の関係を強化することも仕事です。
情報の共有がなされていないとまず片方の要望や言い分をもう片方に伝えることから始めなければなりません。
SFAを効果的に使えば食品ラウンダーは資料や要望、各意見をまとめてSFA上に置くことで双方に参照してもらうことができます。本部商談となった場合でも一から説明する場合と先にシステム上で参考資料を見てもらっている場合では時間の効率化の面で天地の差があります。
現場と戦略立案部門の間を取り持ち双方の考える理想を実現するために活用すればSFAの機能と特性は大きな力を発揮します。
食品ラウンダーの導入目的に限らず同じような部門での仕事は業種を問わずこの方法で効率化がなされることでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る