本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

食品ラウンダーの本部が導入目的を多数挙げるSFA利用の有用性

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 食品ラウンダーの本部が導入目的を多数挙げるSFA利用の有用性

食品ラウンダーの本部が導入目的を多数挙げるSFA利用の有用性

有益な情報をリアルタイムにやり取りすることができるSFAの導入目的は、食品ラウンダーを例に挙げてみると膨大であることがわかります。管轄エリア内を縦横無尽に移動する食品ラウンダー担当の従業員に正しい指示を出すには、間違いのない情報の把握が必要不可欠です。いろいろと便利な道具が登場してきた世の中あることは事実ですが、食品ラウンダーの管理に特化したものを挙げるとすれば困難を極めます。さまざまな機能が一緒くたになったツールでなければ、一定の成果が出ないからです。

リアルタイムに情報のやり取りを行う目的に特化しているSFAを導入すると、いくつかの煩雑な作業を簡略化させられます。その最たるものが現場からの報告をまとめることであり、言うなれば本部の従業員の負担を減らすことにつながります。現場で業務に臨む従業員を管理する立場の人物は、可能な限り余計なことに頭を使わないようにするべきです。極めて大事なことを考える際に判断を誤ってしまう可能性があるので、常に脳内をクリアな状態に保ち続けることが重要です。

カメラで現場の状況を撮影し、そのデータをSFA経由で食品ラウンダーの本部に送信する旨の業務命令が出されるケースが多々あります。目的はリアルタイムに現場の状況を把握することにあり、食品ラウンダーにとってのSFAの導入目的と言っても大げさなことではありません。外回り担当の従業員から口頭で説明を受けるよりも、現場の様子が撮影されたデータを確認した方が状況を把握しやすいからです。言わば、百聞は一見にしかずというわけです。

食品ラウンダー業のベテランが現場に赴いても、ときには顧客からの苦情を聞き入れなければならないときがあります。本来であれば本部に報告する義務が現場担当者にはありますが、対面して事実を告げる際には時間がかかりがちです。苦情が発生した背景から言葉で説明しなければならず、報告者と聞く側ともに他の業務に専念できなくなります。SFAを利用すれば、事実をそのまま文章で表現してデータ化させられます。それを被報告者が閲覧することによって、必要最小限の事実を知ることができます。

情報共有の即時性が求められる食品ラウンダーと本部との関係構築において、SFAは必要不可欠な存在と言えます。現地の様子を写真で把握することができたり、顧客からの意見や要望を聞き入れた際には事実報告の内容を電子データ化させられるからです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る