本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

飲料製造メーカーによるSFAの導入目的やその他のこと

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 飲料製造メーカーによるSFAの導入目的やその他のこと

飲料製造メーカーによるSFAの導入目的やその他のこと

飲料製造メーカーは、SFAを採用することによって次のような導入目的を果たしていくことが可能となっていきます。それは、販売店の訪問情報を社内共有することができるようになるということです。それによって、営業担当者が抱えている情報を社内において確認していくことができるようにもなります。他にも、営業担当者をまとめている社員や上層部の人間に対してもメリットがあります。

飲料製造メーカーがSFAを取り入れることによって、訪問した店舗などを把握できる他に契約に関する情報を掴めます。営業担当者を束ねる立場の人は、それぞれの担当者が持っている情報を知ったりすることができます。そのため、それぞれの営業担当者ごとに指令を下したりすることができるようになります。またSFAを使用することで、担当者から現地での報告を即座に受けとることができるようにもなります。すると、今までは報告書作成で知ることができた情報をすぐに把握できる状況になりました。このように、SFAは営業担当者をまとめる立場にある人にも利益をもたらしているのです。

この他にも、SFAを使用することによって飲料水メーカーの上層部にも伝達をすることが可能となります。営業担当者からもたらされた契約状況などは、中間の人間に上げられて上に伝授されていきます。現地での状況がすぐにもたらされて、現場での様子を上役にも伝えていくことが可能となっていきます。

飲料製造メーカーが営業活動においてSFAを使用すれば、担当者が訪れた店や契約などの様子が見えるようになります。それによって、中間の立場の人間は指令を出したり上に報告ができるようにもなるのです。営業担当者をまとめる人は、状況を把握していき営業における生産性を上げたりすることが可能となります。また、上層部は現場の様子を知ることによって経営における話し合いをすることができたりします。

SFAのヘルプは飲料製造メーカーの営業担当者だけでなく、中間の人々と上役に対してもメリットを与えているのです。システムを導入することで、色々な目的を達成させたりすることができたりします。とりわけ、情報伝達の時間を短縮するという効果だけでなくそれによる状況の改善ももたらしていくのです。特に情報伝達の時間の短縮は、統括者の動きを早くするものでありそれによる待ち時間の減少にも繋がっていきます。システムを使用することで、時間的な効果による恩恵を受けていくことができるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る