本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

飲料製造メーカーはSFAを販売店への対応を導入目的に定める

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 飲料製造メーカーはSFAを販売店への対応を導入目的に定める

飲料製造メーカーはSFAを販売店への対応を導入目的に定める

多数の販売店とのつながりを持ちやすい飲料製造メーカーにとって、部署の担当者がどのような業務に取り組んだのかを把握することが重要課題です。部署の担当者はそれぞれに割り当てられた製品の営業を印象製造メーカーから任されており、事前に決められた顧客にアプローチを試みます。他方、一か所の顧客に部署の担当者が複数人関わっていることが珍しくありません。それがため、担当者が各々に発言してしまい飲料製造メーカーが一貫性のないことを伝えてくるなどと苦情を受けることになります。

飲料製造メーカーに限らず、一般企業が表明する意思は一貫していなければなりません。とある担当者が伝えた内容に反することを別の担当者が口にすると、何が公式見解なのかが掴めなくなります。すると、企業としての統率力に疑問符が付いて顧客離れを引き起こしてしまう可能性が否定できません。そのため、飲料製造メーカーを代表して顧客に何かを伝える際には、担当者を問わず内容が同一になるように注意する必要があります。

飲料製造メーカーは、SFAを導入して営業活動を進めていることがままあります。導入目的は、SFAを利用することによって部署の担当者の考えを統一化させることです。SFAにアクセスすると、実にさまざまな情報を参照することができます。その中でも、飲料製造メーカーの顧客とのやり取りの履歴は役に立ちます。先に誰かが顧客に伝えたことがあれば、その内容に反しない営業を行うことができます。知識として蓄えておくことによって、部署の担当者ごとに意見が異なる事象が発生しなくなります。

多彩な情報を蓄えることができるSFAは、飲料製造メーカーにとって従業員をフォローするときにも役立ちます。特定の顧客と関わる従業員が多い一方で、一人の担当者がいろいろな場所へ赴くことも飲料製造メーカーの特徴です。そこで問題となるのが、従業員が顧客訪問する際に発生する諸費用の精算です。どこへ向かったのかについて細かく記録しなければならず、多くの担当顧客を抱えている従業員は精算報告だけでも時間が取られます。SFAを導入していると、作業が煩雑にはなりません。

担当者が顧客訪問を行えば事実をSFAに登録しなければならないのですが、このときに精算報告までもが同時に完了できてしまいます。訪問先についての情報をSFAに登録することによって、自動的に精算業務に必要不可欠なデータも登録されるからです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る