2016/11/03

ネクストSFA 営業プロセスの見える化と使いやすさを両立

男性のイメージ2

営業プロセスの見える化と使いやすさを両立した
革新的な営業支援ツール ネクストSFA

SFA・CRMの最大の目的は何でしょう

 それはツールを最大限活用し、今以上に売上を上げることです。しかし、どんなに優れた機能が搭載されていても使わなければ一切の価値はありません。ただ、残念なことに複数な機能が搭載されているが故に運用するのが煩雑になってしまっている営業支援ツールが世の中に溢れています。

また多くのSFAはアメリカで考案・開発されています。アメリカと日本の営業スタイルにはまだまだ大きな違いがあります。たとえ営業プロセスが同じだとしても、それは表面上でしかありません。多くのSFAが上手く運用されていない理由として日本特有の問題点があると私達は考えています。誰でも簡単に使いこなし、運用が自然と上手くいく。営業支援ツールのネクストSFAは今までのSFAが抱える問題点を解決します。

営業支援ツールのネクストSFA

 

営業プロセスの見える化

テレアポのようなアウトソーシング営業/リードに対して行うインバウンド営業

 貴社の営業スタイルに関わらず、ネクストSFAは営業プロセスの見える化を実現します。社内のトップ営業がどう信頼を築いているのか。営業本人ですら気づいていない問題点をネクストSFAを使うことによって見える化し、営業効率を格段に向上させます。そしてチームのマネジメントをより強固なものにします。

ネクストSFAは貴社の営業スタイルを大きく変化させます。

当たり前の事を当たり前に行えるようにするネクストSFAは、御社の営業をより良くするためのベストプラクティスです。

 

低価格

業務支援ツールのネクストSFAは驚くほど低価格で始められます。

 高い利用料がかかるSFAツールは確かに、多くの機能があり沢山の事が出来るでしょう。ただ、それらの機能の大半は本当に必要ですか?そして重要なのは、値段とSFAの質は比例しないということです。SFA選びで重要なのはきちんと使う事。当たり前の事のようですが、どんな機能よりも重要です。ネクストSFAは、無理なく誰もが日々当たり前のように使い続ける。という事に最適化されています。もちろん、多くのテストを重ね利用することで営業効率が最適化するように設計されています。低価格で始められるネクストSFAは今までの営業支援ツールに不満がある方。これからSFAを導入してみたい方にとって最適なSFAです。

 

ネクストSFAは以下のケースを解決します

SFAが具体的に何かよく知らない

 SFAや業務支援ソフト・CRMを最近よく聞くけど、どういうものかわからない。具体的に何が出来るのかわからないし、ソフト毎の差もよくわからない。そんな方にこそ、ネクストSFAをご利用頂きたいと考えています。操作性に特にこだわった、ネクストSFAは初めてのSFAソフトにピッタリです。

 

他のソフトは高すぎて手が出せない

 利用料金が高すぎると心配していませんか。本当に得る利益以上に売上が伸びるのだろうか。多くのSFAや営業支援ソフトは利用料金の何倍以上も業務を効率化させるように設計されていますが、やはり利用料金は安いに越したことはありません。ネクストSFAは業界最安値に挑戦します。

利用料金

 

パソコンの操作が得意でない人が社内に多い

 せっかく導入しても、使わなければ意味がありません。また導入後はSFAは毎日使うものになります。しかし、営業マンは総じてめんどくさがり屋なものです。SFAや営業支援ソフトがきちんと運用されない理由は意外とちょっとした操作のストレスも積み重ねだったりするものです。ネクストSFAはシンプルな管理画面と誰もが使いこなせる操作性が大きな特徴です。

シンプルな管理画面と誰もが使いこなせる操作性

 

SFAや営業支援ツールに興味はあるけど、どれにしていいかわからない

 営業スタイルが違えば、当然求める要件も違ってきます。ネクストSFAはもちろんの事、Salesforceを始めとした業務支援ツールは全ての営業スタイルにマッチするように設計されていますが、それでも自社の営業スタイルでは何を優先すべきか。というのは理解するべきです。

 

今の営業スタイルが最善ではないけど改善方法が漠然としている

 既存の営業方法が最善ではない場合、改善が必要です。但し、ほとんどの場合は具体的にどう改善していいかわからないのがほとんどではないでしょうか。全ての問題を解決する万能の改善は存在しませんし、問題も一つだけとは限りません。重要なのは問題の本質を見極めるのと、試した施策を分析して次回の改善に生かす事です。ネクストSFAは貴社の問題解決の手助けになります。

 

ページ先頭へ戻る