東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/07/02 

テレアポを効率化する方法とは? メリットや効率化をする際の注意点も解説

テレアポを効率化する方法とは? メリットや効率化をする際の注意点も解説

【監修】株式会社ジオコード マーケティング責任者
渡辺 友馬

営業先の新規開拓に欠かすことのできない業務の一つがテレアポ(テレフォンアポインター)です。しかし、数十件はおろか数百件の架電を行っても、実際にアポイントにつながるケースは数件のみといったことも珍しくありません。このような状態が続くと、成約率の低下だけではなくスタッフのモチベーションも低下してしまいます。

そこで本記事では、テレアポを効率化する方法をご紹介します。「テレアポによる成果をそれほど感じられていない」「テレアポで獲得数を増やして売上アップを目指したい」という企業担当者の方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめのCTIツール

scroll →

サービス名称 特長 こんな企業におすすめ 初期費用 月額費用 無料トライアル・デモ依頼
エバーコール 詳細はこちら
  • サービスの縛り期間がなく、解約違約金もかからないCTI
  • 平日はもちろん、土日祝日も専用チャットによるサポートあり
  • ささやき機能で通話対応中のサポート、指示出しが可能
  • コールシステムの導入が初めての企業
  • 通話中に対応方法を指示、サポートしたい企業
  • 土日祝日も電話対応業務が発生する企業
無料 ¥8,000/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Dream Call Next 詳細はこちら
  • 架電率が最大5倍に! 発信業務に特化したクラウド型CTIシステム
  • 30種類以上の豊富な機能! 全て料金内で標準搭載!
  • 総アップデート数は2,500回以上! お客さまの声をもとに進化し続けるシステム
  • テレマーケティング・営業代行など発信頻度が多い企業
  • 架電効率を大幅に向上させたい企業
  • オプションなどの追加費用を発生させたくない企業
要お問い合わせ ¥550/アカウント
お問い合わせ
可能
MiiTel MiiTel 詳細はこちら
  • 4カ月間で商談獲得率62%アップ、成約数56%アップの実績あり
  • AIが一人ひとりの強み、弱み、改善ポイントをアドバイスする「会話コーチング」機能あり
  • AI分野で最も有望な未上場企業「 Forbes AI 50 2023 」に アジアで唯一選出
  • 京都大学、筑波大学などと世界最高峰の音声認識技術、AIの共同開発
  • 文字起こし、議事録、通話中の感情分析グラフなど独自機能を実現
  • 電話対応業務の成果、品質、内容を細かく分析したい企業
  • AI解析データをもとに従業員の教育、マニュアル作成などをしたい企業
  • 自動録音や全文文字起こしで効率よく電話対応を行いたい企業
無料 ¥5,980/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Comdesk Lead 詳細はこちら
  • 国内唯一の携帯回線と連携ができるCTI
  • 携帯電話のかけ放題回線利用で通話料定額、平均70%のコスト削減実績など
  • 080、090番号発信により担当への繋がり率、折り返し率が約20%向上
  • 通話受電よりも発信の頻度が多い企業
  • 通話料を安くかつ定額にしたい企業
  • 担当への繋がり率、折り返し率を向上したい企業
要お問い合わせ ¥6,000/ ID
お問い合わせ
可能
Zendesk 顧客向け、社内向けマニュアルをノーコードで簡単に作成 さまざまなツールと連携したい企業
顧客とのやり取りを一元管理したい企業
要お問い合わせ $55~/ ID 可能
楽テル 電話業務にぴったりの『テンプレート』標準搭載 テンプレート搭載のCTIを導入したい企業 ¥150,000~ 70,000円/月+各CTIシステム費用 可能
テレアポ職人 CTI機能との連動も低価格で実現! 利用料金は1ID1,000円から テレアポ特化型システムを導入したい企業
カスタマイズ性のあるシステムを導入したい企業
要お問い合わせ 基本利用料:¥20,000
ユーザー利用料:¥1,000/ ID
可能
BlueBean 導入も変更も契約はオンラインで完結 期間限定でCTIシステムを導入したい企業
1ライセンス単位で契約したい企業
¥5,000/ ライセンス ¥5,000/ ライセンス 可能
アポ放題 スマホでテレアポすることによって定額のかけ放題プランが利用可能 通話料0円のCTIを導入したい企業
社用携帯としても利用したい企業
¥3,300/ アカウント ¥8,500/ ID 要お問い合わせ
カイクラ シンプルな機能設計で柔軟性が高く、異なる機能を組み合わせることが可能 ビデオ通話ができるCTIを探してる企業 ¥181,000~ ¥31,000~ 可能
楽天コネクト SmaCom 初期費用0円~で利用OK アカウント数を月単位で変更したい企業 無料 1,980円/席~ 要お問い合わせ

テレアポを効率化する方法

テレアポを効率化する方法にはさまざまなものがありますが、特に押さえておきたいのは次の6つの方法です。

  • 顧客情報リストを精査する
  • 優先順位をつける
  • 事前準備を入念に行う
  • トークスクリプトを準備する
  • KPI管理を行う
  • CTIシステムを導入する

ここからはそれぞれの方法について、詳しく解説します。

顧客情報リストを精査する

テレアポをする際は、ただ電話番号が書いてあるリストに沿って電話を掛けるのではなく、事前に顧客情報リストを精査し、そのリストに沿って電話を掛けるようにしましょう。

例えば、過去に成約ができた顧客や、過去に問い合わせや見積もり依頼があった企業、展示会で名刺を交換した企業など、アポイントにつながる確度の高い企業をリスト化してください。

また、誤って同じ企業に何度も電話を掛けないよう、リストに重複がないかも必ず確認しましょう。

優先順位をつける

テレアポでは、闇雲に電話を掛けて数をこなすのではなく、優先順位をつけて電話をする方が効率化につながります。精査した顧客情報リストを基に、受注を受ける可能性がある、もしくは可能性が高そうと思われる企業から優先的にアプローチをとりましょう。

事前準備を入念に行う

たとえ面と向かって話すことのないテレアポであっても、事前の準備を入念に行っておくことは大切です。テレアポの前に、顧客の情報を集め、顧客が抱えている問題点などがないかを入念に調べておきましょう。一回のテレアポで受注を受けるまでに至らなくても、情報を聞き出しておくことで後日再度テレアポを行った際に企業にマッチした提案ができる可能性も出てきます。

トークスクリプトを準備する

トークスクリプトとは、営業の際の手本となる話し方や話の流れをマニュアル化したものを指します。

例えば過去に成約した顧客とのやりとりを振り返り、どの点が成約へのポイントになったのかを洗い出してておくことで、他の企業に対しても活用できるかもしれません。特に、まだテレアポに慣れていない社員にとっては、トークスプリプトがあることで電話をスムーズに掛けやすくなります。

成功事例はそのまま放置するのではなく、きちんと「どこが良かったか」を洗い出してトークスプリプトに反映しましょう。

KPI管理を行う

KPIとは「Key Performance Indicator(重要業績評価指標)」の略で目標を達成するに当たって、達成度合いを計測したりモニタリングするための定量的な指標のことです。KPIを管理することで、各スタッフの達成状況や業務効率を把握できるため、改善点も見えやすくなります。

テレアポは成約率以外にも、対応品質や顧客満足度といった部分も大切です。KPIがないとスタッフも明確な目標が立てにくくなってしまうため、KPIによって数値的に目標を立てることはスタッフのモチベーション向上や意識にも大きな影響を与えるでしょう。

CTIシステムを導入する

CTIシステムとは「Computer Telephony Integration」の略で、コンピュータと電話やFAXを統合するシステムのことです。CTIシステムを導入すると、次のようなことが可能になります。

  • 通話内容の自動録音
  • 一斉着信
  • パソコンとの連携
  • 顧客情報の表示

このような機能を利用すれば、メモをとる時間が短縮できたり、会話中に過去の顧客とのやりとりを確認したりして、スムーズな会話ができるでしょう。さらに業務効率が上がるのでテレアポの数を増やしたり、スタッフの人員削減をしたりすることも可能です。

おすすめのCTIツール

scroll →

サービス名称 特長 こんな企業におすすめ 初期費用 月額費用 無料トライアル・デモ依頼
エバーコール 詳細はこちら
  • サービスの縛り期間がなく、解約違約金もかからないCTI
  • 平日はもちろん、土日祝日も専用チャットによるサポートあり
  • ささやき機能で通話対応中のサポート、指示出しが可能
  • コールシステムの導入が初めての企業
  • 通話中に対応方法を指示、サポートしたい企業
  • 土日祝日も電話対応業務が発生する企業
無料 ¥8,000/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Dream Call Next 詳細はこちら
  • 架電率が最大5倍に! 発信業務に特化したクラウド型CTIシステム
  • 30種類以上の豊富な機能! 全て料金内で標準搭載!
  • 総アップデート数は2,500回以上! お客さまの声をもとに進化し続けるシステム
  • テレマーケティング・営業代行など発信頻度が多い企業
  • 架電効率を大幅に向上させたい企業
  • オプションなどの追加費用を発生させたくない企業
要お問い合わせ ¥550/アカウント
お問い合わせ
可能
MiiTel MiiTel 詳細はこちら
  • 4カ月間で商談獲得率62%アップ、成約数56%アップの実績あり
  • AIが一人ひとりの強み、弱み、改善ポイントをアドバイスする「会話コーチング」機能あり
  • AI分野で最も有望な未上場企業「 Forbes AI 50 2023 」に アジアで唯一選出
  • 京都大学、筑波大学などと世界最高峰の音声認識技術、AIの共同開発
  • 文字起こし、議事録、通話中の感情分析グラフなど独自機能を実現
  • 電話対応業務の成果、品質、内容を細かく分析したい企業
  • AI解析データをもとに従業員の教育、マニュアル作成などをしたい企業
  • 自動録音や全文文字起こしで効率よく電話対応を行いたい企業
無料 ¥5,980/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Comdesk Lead 詳細はこちら
  • 国内唯一の携帯回線と連携ができるCTI
  • 携帯電話のかけ放題回線利用で通話料定額、平均70%のコスト削減実績など
  • 080、090番号発信により担当への繋がり率、折り返し率が約20%向上
  • 通話受電よりも発信の頻度が多い企業
  • 通話料を安くかつ定額にしたい企業
  • 担当への繋がり率、折り返し率を向上したい企業
要お問い合わせ ¥6,000/ ID
お問い合わせ
可能
Zendesk 顧客向け、社内向けマニュアルをノーコードで簡単に作成 さまざまなツールと連携したい企業
顧客とのやり取りを一元管理したい企業
要お問い合わせ $55~/ ID 可能
楽テル 電話業務にぴったりの『テンプレート』標準搭載 テンプレート搭載のCTIを導入したい企業 ¥150,000~ 70,000円/月+各CTIシステム費用 可能
テレアポ職人 CTI機能との連動も低価格で実現! 利用料金は1ID1,000円から テレアポ特化型システムを導入したい企業
カスタマイズ性のあるシステムを導入したい企業
要お問い合わせ 基本利用料:¥20,000
ユーザー利用料:¥1,000/ ID
可能
BlueBean 導入も変更も契約はオンラインで完結 期間限定でCTIシステムを導入したい企業
1ライセンス単位で契約したい企業
¥5,000/ ライセンス ¥5,000/ ライセンス 可能
アポ放題 スマホでテレアポすることによって定額のかけ放題プランが利用可能 通話料0円のCTIを導入したい企業
社用携帯としても利用したい企業
¥3,300/ アカウント ¥8,500/ ID 要お問い合わせ
カイクラ シンプルな機能設計で柔軟性が高く、異なる機能を組み合わせることが可能 ビデオ通話ができるCTIを探してる企業 ¥181,000~ ¥31,000~ 可能
楽天コネクト SmaCom 初期費用0円~で利用OK アカウント数を月単位で変更したい企業 無料 1,980円/席~ 要お問い合わせ

テレアポの業務を効率化する4つのメリット

テレアポの業務を効率化することには、主に次のようなメリットがあります。

  • 対応品質が向上する
  • スタッフの負担を軽減できる
  • スタッフの定着率がアップする
  • コスト削減になる

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

対応品質が向上する

テレアポを行う企業の業務環境が整っていない場合、テレアポによる応対品質はスタッフ一人ひとりのスキル任せになり、それぞれ品質が変わってしまいます。

業務環境が整っており効率化されていると、スタッフの育成に時間を使えるようになり、ベテランのスタッフだけではなく、テレアポ経験の浅いスタッフも適切な対応ができるようになります。結果として、どのスタッフが対応しても高い品質を維持できるようになるでしょう。

スタッフの負担を軽減できる

テレアポを行うスタッフの業務が効率化されていない場合、電話対応だけではなく、顧客情報ややりとりの内容を細かく入力するなどの作業が発生し、スタッフへの負担がかかってしまいます。

業務が効率化されていれば、1件当たりにかかる時間が削減され、結果として全体的な対応時間にも余裕が生まれるでしょう。

スタッフの定着率がアップする

業務効率が悪いと、スタッフ一人ひとりへの負担が大きくなり、ストレスを感じやすい環境になってしまいます。その結果、スタッフの離職率が高まり、新たな採用コストや育成コストもかさんでしまいます。

業務が効率化されることでスムーズに業務を行える上にしっかりと育成できるため、スタッフの定着率アップにもつながるでしょう。

コスト削減になる

テレアポを行うスタッフの業務が効率化されれば、少ない人員や短い時間でも多くの架電ができ、問い合わせに対しても余裕を持って丁寧に対応できます。特にテレアポを行うスタッフを多く確保している場合は、効率化によって人員の削減が期待できるでしょう。

テレアポの効率化を目指す際に押さえておくべきポイント

テレアポを効率化することでさまざまなメリットがありますが、運用は慎重に行う必要があります。ここからは、テレアポを効率化する際に押さえておくべきポイントについて解説します。

施策の実施は分けて行う

テレアポを効率化する施策を行う場合は、複数の施策を同時に行うことは極力避けましょう。なぜなら、現場のスタッフの混乱を招くだけではなく、効果測定もしにくくなってしまうためです。

複数の施策を試したい場合でも、なるべく時期をずらして行うようにしましょう。

対応品質の低下に注意する

テレアポを効率化する際は、効率化を重視するあまりスタッフの対応品質が低下してしまう可能性もゼロではありません。どれだけスタッフ側の業務効率がアップしても、対応品質が低下してしまうと顧客が離れてしまう場合があります。

効率化を図る際には、対応時間の短縮化やテレアポ数だけに注目するのではなく、品質が低下していないかにも注目しておきましょう。

効果検証を定期的に実施する

テレアポの効率化における施策を導入した場合には、施策を実施したまま放置するのではなく、しっかり効果検証を行うことが大切です。

業務が効率化したとしても、先述した通り、顧客に対する対応品質が低下してしまっては効率化の意味が失われてしまいます。新たな施策の導入後は、顧客やスタッフへのヒアリングを行うなど、効果検証を必ず行いましょう。

テレアポを効率化にはツールの導入の検討も

テレアポを効率化したい場合は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。スピーディーかつ効果的にテレアポの業務改善を行いたい場合は、CTIシステムの導入がおすすめです。

テレアポ1件ごとの対応時間の短縮化を目指せる他、録音機能や応対中に他のスタッフが助言できるささやき機能などが搭載されているものも多いので、スタッフの育成にもつながります。CTIシステムは数多くあり、それぞれ特徴や料金などが異なるので自社に合ったものを比較検討してから選ぶようにしましょう。

おすすめのCTIツール

scroll →

サービス名称 特長 こんな企業におすすめ 初期費用 月額費用 無料トライアル・デモ依頼
エバーコール 詳細はこちら
  • サービスの縛り期間がなく、解約違約金もかからないCTI
  • 平日はもちろん、土日祝日も専用チャットによるサポートあり
  • ささやき機能で通話対応中のサポート、指示出しが可能
  • コールシステムの導入が初めての企業
  • 通話中に対応方法を指示、サポートしたい企業
  • 土日祝日も電話対応業務が発生する企業
無料 ¥8,000/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Dream Call Next 詳細はこちら
  • 架電率が最大5倍に! 発信業務に特化したクラウド型CTIシステム
  • 30種類以上の豊富な機能! 全て料金内で標準搭載!
  • 総アップデート数は2,500回以上! お客さまの声をもとに進化し続けるシステム
  • テレマーケティング・営業代行など発信頻度が多い企業
  • 架電効率を大幅に向上させたい企業
  • オプションなどの追加費用を発生させたくない企業
要お問い合わせ ¥550/アカウント
お問い合わせ
可能
MiiTel MiiTel 詳細はこちら
  • 4カ月間で商談獲得率62%アップ、成約数56%アップの実績あり
  • AIが一人ひとりの強み、弱み、改善ポイントをアドバイスする「会話コーチング」機能あり
  • AI分野で最も有望な未上場企業「 Forbes AI 50 2023 」に アジアで唯一選出
  • 京都大学、筑波大学などと世界最高峰の音声認識技術、AIの共同開発
  • 文字起こし、議事録、通話中の感情分析グラフなど独自機能を実現
  • 電話対応業務の成果、品質、内容を細かく分析したい企業
  • AI解析データをもとに従業員の教育、マニュアル作成などをしたい企業
  • 自動録音や全文文字起こしで効率よく電話対応を行いたい企業
無料 ¥5,980/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Comdesk Lead 詳細はこちら
  • 国内唯一の携帯回線と連携ができるCTI
  • 携帯電話のかけ放題回線利用で通話料定額、平均70%のコスト削減実績など
  • 080、090番号発信により担当への繋がり率、折り返し率が約20%向上
  • 通話受電よりも発信の頻度が多い企業
  • 通話料を安くかつ定額にしたい企業
  • 担当への繋がり率、折り返し率を向上したい企業
要お問い合わせ ¥6,000/ ID
お問い合わせ
可能
Zendesk 顧客向け、社内向けマニュアルをノーコードで簡単に作成 さまざまなツールと連携したい企業
顧客とのやり取りを一元管理したい企業
要お問い合わせ $55~/ ID 可能
楽テル 電話業務にぴったりの『テンプレート』標準搭載 テンプレート搭載のCTIを導入したい企業 ¥150,000~ 70,000円/月+各CTIシステム費用 可能
テレアポ職人 CTI機能との連動も低価格で実現! 利用料金は1ID1,000円から テレアポ特化型システムを導入したい企業
カスタマイズ性のあるシステムを導入したい企業
要お問い合わせ 基本利用料:¥20,000
ユーザー利用料:¥1,000/ ID
可能
BlueBean 導入も変更も契約はオンラインで完結 期間限定でCTIシステムを導入したい企業
1ライセンス単位で契約したい企業
¥5,000/ ライセンス ¥5,000/ ライセンス 可能
アポ放題 スマホでテレアポすることによって定額のかけ放題プランが利用可能 通話料0円のCTIを導入したい企業
社用携帯としても利用したい企業
¥3,300/ アカウント ¥8,500/ ID 要お問い合わせ
カイクラ シンプルな機能設計で柔軟性が高く、異なる機能を組み合わせることが可能 ビデオ通話ができるCTIを探してる企業 ¥181,000~ ¥31,000~ 可能
楽天コネクト SmaCom 初期費用0円~で利用OK アカウント数を月単位で変更したい企業 無料 1,980円/席~ 要お問い合わせ

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る