東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/06/06 

CTIとコールセンターシステムの違いは?CTIでできることや利用シーンも解説

【監修】株式会社ジオコード マーケティング責任者
渡辺 友馬

CTI(Computer Telephony Integration)は、主にコールセンターやカスタマーサポートチームで利用されるツールです。CTIを導入すれば、電話回線とコンピュータをつなぎ、電話機にない機能を利用できるようになります。

CTIに関するよくある疑問の一つが、CTIとコールセンターシステムの違いは何か、というものです。本記事では、CTIとコールセンターシステムの違いや、CTIでできることについて詳しく解説します。

おすすめのCTIツール

scroll →

サービス名称 特長 こんな企業におすすめ 初期費用 月額費用 無料トライアル・デモ依頼
エバーコール 詳細はこちら
  • サービスの縛り期間がなく、解約違約金もかからないCTI
  • 平日はもちろん、土日祝日も専用チャットによるサポートあり
  • ささやき機能で通話対応中のサポート、指示出しが可能
  • コールシステムの導入が初めての企業
  • 通話中に対応方法を指示、サポートしたい企業
  • 土日祝日も電話対応業務が発生する企業
無料 ¥8,000/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Dream Call Next 詳細はこちら
  • 架電率が最大5倍に! 発信業務に特化したクラウド型CTIシステム
  • 30種類以上の豊富な機能! 全て料金内で標準搭載!
  • 総アップデート数は2,500回以上! お客さまの声をもとに進化し続けるシステム
  • テレマーケティング・営業代行など発信頻度が多い企業
  • 架電効率を大幅に向上させたい企業
  • オプションなどの追加費用を発生させたくない企業
要お問い合わせ ¥550/アカウント
お問い合わせ
可能
MiiTel MiiTel 詳細はこちら
  • 4カ月間で商談獲得率62%アップ、成約数56%アップの実績あり
  • AIが一人ひとりの強み、弱み、改善ポイントをアドバイスする「会話コーチング」機能あり
  • AI分野で最も有望な未上場企業「 Forbes AI 50 2023 」に アジアで唯一選出
  • 京都大学、筑波大学などと世界最高峰の音声認識技術、AIの共同開発
  • 文字起こし、議事録、通話中の感情分析グラフなど独自機能を実現
  • 電話対応業務の成果、品質、内容を細かく分析したい企業
  • AI解析データをもとに従業員の教育、マニュアル作成などをしたい企業
  • 自動録音や全文文字起こしで効率よく電話対応を行いたい企業
無料 ¥5,980/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Comdesk Lead 詳細はこちら
  • 国内唯一の携帯回線と連携ができるCTI
  • 携帯電話のかけ放題回線利用で通話料定額、平均70%のコスト削減実績など
  • 080、090番号発信により担当への繋がり率、折り返し率が約20%向上
  • 通話受電よりも発信の頻度が多い企業
  • 通話料を安くかつ定額にしたい企業
  • 担当への繋がり率、折り返し率を向上したい企業
要お問い合わせ ¥6,000/ ID
お問い合わせ
可能
Zendesk 顧客向け、社内向けマニュアルをノーコードで簡単に作成 さまざまなツールと連携したい企業
顧客とのやり取りを一元管理したい企業
要お問い合わせ $55~/ ID 可能
楽テル 電話業務にぴったりの『テンプレート』標準搭載 テンプレート搭載のCTIを導入したい企業 ¥150,000~ 70,000円/月+各CTIシステム費用 可能
テレアポ職人 CTI機能との連動も低価格で実現! 利用料金は1ID1,000円から テレアポ特化型システムを導入したい企業
カスタマイズ性のあるシステムを導入したい企業
要お問い合わせ 基本利用料:¥20,000
ユーザー利用料:¥1,000/ ID
可能
BlueBean 導入も変更も契約はオンラインで完結 期間限定でCTIシステムを導入したい企業
1ライセンス単位で契約したい企業
¥5,000/ ライセンス ¥5,000/ ライセンス 可能
アポ放題 スマホでテレアポすることによって定額のかけ放題プランが利用可能 通話料0円のCTIを導入したい企業
社用携帯としても利用したい企業
¥3,300/ アカウント ¥8,500/ ID 要お問い合わせ
カイクラ シンプルな機能設計で柔軟性が高く、異なる機能を組み合わせることが可能 ビデオ通話ができるCTIを探してる企業 ¥181,000~ ¥31,000~ 可能
楽天コネクト SmaCom 初期費用0円~で利用OK アカウント数を月単位で変更したい企業 無料 1,980円/席~ 要お問い合わせ

また、おすすめのCTIサービスの比較は、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

CTIとコールセンターシステムの違い

CTIもコールセンターシステムも、コールセンターの円滑な運営に欠かせないツールです。CTIとコールセンターシステムの違いは、以下のように表すことができます。

CTIコールセンターシステムの一部で、電話回線とコンピュータをつなぐ役割を持ったツール
コールセンターシステムコールセンターで使われるツールの総称で、コールセンターの運営全般を支援する役割があるツール


つまり、CTIはコールセンターシステムの一部で、電話回線とコンピュータをつなぐという特定の役割を持ったツールを指します。コールセンターの業務効率化に向けてITツールの導入を計画している人は、CTIとコールセンターシステムの違いを正確に理解しましょう。

CTIは電話回線とコンピュータをつなぐツール

コールセンターでは、業務用のビジネスフォンや、パソコンやタブレット上で利用できるソフトフォンなど、さまざまな種類の電話機が利用されています。しかし、電話機だけでコールセンター業務を円滑に行うことはできません。オペレーター業務を効率化するには、電話回線とコンピュータを連携させ、電話機の機能を強化するためのツールが必要です。

CTIは英語でComputer Telephony Integrationといい、コンピュータ(Computer)と電話通信(Telephony)を統合(Integration)する機能を持つツールを指します。

CTIを導入し、電話回線とコンピュータを連携させることで、さまざまな機能を利用することが可能です。例えば、CTIにはパソコン画面にお客さまの情報をポップアップ表示する機能や、お客さまとの通話を録音し、自動で書き起こす機能などがあります。

コールセンターシステムはコールセンターの運営全般を支援するツール

コールセンターで使われるITツールの総称を、コールセンターシステムと呼びます。CTIもコールセンターシステムの一種です。

近年のコールセンターは、電話やメール以外にも、Webフォーム、SNS、チャットなど、さまざまなチャネルでお客さまとやりとりするコンタクトセンターとしての役割を担っています。

コールセンターの運営全般の中核を担うのがコールセンターシステムです。コールセンターシステムには、電話以外のコミュニケーションチャネルも一元管理し、お客さまとのやりとりを円滑化する機能があります。マルチチャネルに対応したツールの場合、コールセンターシステムではなく、コンタクトセンター・ソリューションと呼ぶ場合もあります。

CTIはコールセンターシステムの一部であり、特に電話でのコミュニケーションに役立つツールだと覚えておきましょう。

コールセンターシステムの主な機能

コールセンターシステムにはさまざまな機能がありますが、主要なものは以下の8つです。

コールセンターシステムの機能特徴
チケット管理機能お客さまへの対応状況にチケット(ステータス)を割り当て、視覚的に分かりやすく分類する機能
顧客情報管理機能お客さまの氏名や企業名などの基本情報や、過去の問い合わせ履歴などをデータベース化する機能
返信テンプレート機能事前に返信テンプレートを作成し、よくある問い合わせに対して定型的な文章で返信できる機能
チャット機能チャットでの問い合わせチャネルを開設し、有人チャットツールやチャットボットでお客さまとやりとりできる機能
問い合わせ一元管理機能電話、メール、FAX、Webフォーム、SNS、チャットなど、全てのコミュニケーションチャネルの問い合わせ状況を見える化する機能
問い合わせ分析機能問い合わせ内容を分析し、商品やサービス改善に役立つ顧客の声(VoC)を抽出する機能
FAQ管理機能よくある質問とその回答(FAQ)をまとめたページを用意し、お客さまが事前に疑問や悩みを解決できるようにする機能


先述したように、CTIもコールセンターシステムの機能の一部です。CTIの主な機能は、次の項目で詳しく解説します。

CTIの主な機能

CTIに搭載されている機能は、大きく分けて5つあります。

CTIの機能特徴
自動音声応答機能(IVR)お客さまからの着信に自動で応答し、問い合わせ内容ごとに最適なコミュニケーションチャネルへ誘導する機能
着信呼自動分配機能(ACD)着信呼(コール)の内容に基づいて、必要なスキルや経験を持ったオペレーターに自動で振り分ける機能
通話録音機能通話内容を録音し、音声データとして保存したり、テキストデータに書き起こしたりする機能
プレディクティブコール機能顧客リストのお客さまに対して自動で順番に架電し、つながったコールをオペレーターに引き渡す機能
ポップアップ機能着信時にお客さま情報をデータベースから呼び出し、オペレーターの画面にポップアップで表示する機能
クリック・トゥー・コール機能(Click-to-call)パソコン画面でお客さまのページを開き、電話番号をワンクリックして架電する機能


CTIは単体でも業務効率化に役立ちますが、営業支援システム(SFA)や顧客管理システム(CRM)などの外部ツールと連携することで、より電話対応業務を効率化できます。

例えば、CTIとSFAを連携すれば、SFAの画面からクリック・トゥー・コール機能を利用し、取引先企業にワンクリックで電話をかけることが可能です。またCTIとCRMの連携によって、過去の問い合わせ履歴や担当者のメモなど、CRMに登録された詳細な顧客情報をポップアップ表示できるようになります。

CTIの導入に適したシーン

CTIの導入に適しているのは、以下の3つのケースです。

  • 電話対応の比重が高い大規模なコールセンターを運営している
  • 応対品質を高め、リピーターを獲得したい
  • 電話での予約受付を行う機会が多い

CTIには、着信呼の分配を最適化するACDなど、さまざまな便利機能があります。電話対応の件数が多いコールセンターの場合、CTIの導入によってオペレーターの業務負担を軽減することが可能です。

またCTIのポップアップ機能は、着信時に顧客データベースを検索し、お客さま情報をオペレーターの画面にポップアップ表示できます。オペレーターがお客さま一人ひとりの情報に基づいてコミュニケーションを取ることができるため、応対品質を改善し、顧客満足度の向上やリピーターの獲得が期待できます。

電話での予約を受け付ける際も、常連のお客さまからの連絡かどうかを容易に確認でき、スムーズに応対することが可能です。また飲食店や美容院など、電話での予約受付が多い業種もCTIの導入が向いています。

CTIとコールセンターシステムの違いを正しく理解しよう

CTIはコールセンターシステムの一部で、電話回線とコンピュータをつなぐ役割があります。CTIには、着信呼(コール)をオペレーターに自動で分配する機能や、着信時にお客さま情報をポップアップ表示する機能などがあり、オペレーターの電話対応を効率化することが可能です。

WebフォームやSNS、チャットなど、電話以外のコミュニケーションチャネルを強化したい場合も、コールセンターシステム(コンタクトセンター・ソリューション)を導入しましょう。CTIとコールセンターシステムの違いや、CTIが活躍するシーンを知って、自社の課題解決につながるツールを導入することが大切です。

CTIと連携できるSFAやCRMをお探しなら、ネクストSFAの導入がおすすめです。CTIと連携すれば、ネクストSFAに表示された電話番号からワンクリックで架電するクリックコール機能などをご利用いただけます。営業力をアップさせたいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

また、おすすめのCTIサービスの比較は、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

おすすめのCTIツール

scroll →

サービス名称 特長 こんな企業におすすめ 初期費用 月額費用 無料トライアル・デモ依頼
エバーコール 詳細はこちら
  • サービスの縛り期間がなく、解約違約金もかからないCTI
  • 平日はもちろん、土日祝日も専用チャットによるサポートあり
  • ささやき機能で通話対応中のサポート、指示出しが可能
  • コールシステムの導入が初めての企業
  • 通話中に対応方法を指示、サポートしたい企業
  • 土日祝日も電話対応業務が発生する企業
無料 ¥8,000/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Dream Call Next 詳細はこちら
  • 架電率が最大5倍に! 発信業務に特化したクラウド型CTIシステム
  • 30種類以上の豊富な機能! 全て料金内で標準搭載!
  • 総アップデート数は2,500回以上! お客さまの声をもとに進化し続けるシステム
  • テレマーケティング・営業代行など発信頻度が多い企業
  • 架電効率を大幅に向上させたい企業
  • オプションなどの追加費用を発生させたくない企業
要お問い合わせ ¥550/アカウント
お問い合わせ
可能
MiiTel MiiTel 詳細はこちら
  • 4カ月間で商談獲得率62%アップ、成約数56%アップの実績あり
  • AIが一人ひとりの強み、弱み、改善ポイントをアドバイスする「会話コーチング」機能あり
  • AI分野で最も有望な未上場企業「 Forbes AI 50 2023 」に アジアで唯一選出
  • 京都大学、筑波大学などと世界最高峰の音声認識技術、AIの共同開発
  • 文字起こし、議事録、通話中の感情分析グラフなど独自機能を実現
  • 電話対応業務の成果、品質、内容を細かく分析したい企業
  • AI解析データをもとに従業員の教育、マニュアル作成などをしたい企業
  • 自動録音や全文文字起こしで効率よく電話対応を行いたい企業
無料 ¥5,980/ ID
お問い合わせ
要お問い合わせ
Comdesk Lead 詳細はこちら
  • 国内唯一の携帯回線と連携ができるCTI
  • 携帯電話のかけ放題回線利用で通話料定額、平均70%のコスト削減実績など
  • 080、090番号発信により担当への繋がり率、折り返し率が約20%向上
  • 通話受電よりも発信の頻度が多い企業
  • 通話料を安くかつ定額にしたい企業
  • 担当への繋がり率、折り返し率を向上したい企業
要お問い合わせ ¥6,000/ ID
お問い合わせ
可能
Zendesk 顧客向け、社内向けマニュアルをノーコードで簡単に作成 さまざまなツールと連携したい企業
顧客とのやり取りを一元管理したい企業
要お問い合わせ $55~/ ID 可能
楽テル 電話業務にぴったりの『テンプレート』標準搭載 テンプレート搭載のCTIを導入したい企業 ¥150,000~ 70,000円/月+各CTIシステム費用 可能
テレアポ職人 CTI機能との連動も低価格で実現! 利用料金は1ID1,000円から テレアポ特化型システムを導入したい企業
カスタマイズ性のあるシステムを導入したい企業
要お問い合わせ 基本利用料:¥20,000
ユーザー利用料:¥1,000/ ID
可能
BlueBean 導入も変更も契約はオンラインで完結 期間限定でCTIシステムを導入したい企業
1ライセンス単位で契約したい企業
¥5,000/ ライセンス ¥5,000/ ライセンス 可能
アポ放題 スマホでテレアポすることによって定額のかけ放題プランが利用可能 通話料0円のCTIを導入したい企業
社用携帯としても利用したい企業
¥3,300/ アカウント ¥8,500/ ID 要お問い合わせ
カイクラ シンプルな機能設計で柔軟性が高く、異なる機能を組み合わせることが可能 ビデオ通話ができるCTIを探してる企業 ¥181,000~ ¥31,000~ 可能
楽天コネクト SmaCom 初期費用0円~で利用OK アカウント数を月単位で変更したい企業 無料 1,980円/席~ 要お問い合わせ
ページ先頭へ戻る