東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/06/06 

適性検査の平均値を活用するには?効率的に使う方法を解説

【監修】株式会社ジオコード マーケティング責任者
渡辺 友馬

適性検査は、個人の能力や性格を評価するための重要なツールであり、採用や人材育成において大変有効です。

平均値を使って受検者全体の傾向を把握し、高評価者と低評価者の差を分析することで、効率的な人材管理が可能になります。

本記事では適性検査の平均値をより効果的に使う方法をご紹介します。

おすすめの適性検査サービス

scroll →

サービス名称 特徴 初期費用 月額費用 検査方法
ミキワメ ミキワメ 詳細はこちら
  • IBM、サイバーエージェントなどの就職人気企業TOP100社のうち87社が利用
  • 応募者の負担を従来の1/3に軽減、スマホから10分で回答、数秒で診断結果を表示
  • 既存社員の傾向を基に、14段階で応募者のポテンシャルを分析
要お問い合わせ 受検料¥550/人
システム利用料¥33,000~
お問い合わせ
Webテスト
CUBIC適性検査 CUBIC適性検査 詳細はこちら
  • 日本人10万人のサンプルデータを基に、370通りの診断結果を構築
  • 大手検査の半額程度のコストで導入可能、検査数無制限プランあり
  • 設問例がほぼ出回っておらず事前対策困難、応募者の本質が丸わかり
要お問い合わせ サンプル受検プラン(受検者3名まで):無料
個別実施プラン(受検者1名~):¥2,500/名
パックプラン(受検者50名~):¥2,000/名
ウケホーダイプラン(人数無制限):定額¥1,600,000(年間)
お問い合わせ
ペーパーテスト
Webテスト
HCi-AS HCi-AS 詳細はこちら
  • 記述式中心で受検者の人間性を丸裸に! とにかく当たると評判累計受検者数240万人超
  • 回答時間はわずか10分! 診断は瞬時に確認できるので、結果を見ながら面接が可能
  • Web版の導入費用0円! 受検人数に応じて単価がリーズナブル
要お問い合わせ 契約金:¥50,000(初回のみ)
¥4,000円/1人(1人~30人まで)
利用した分だけ・月額料金なし
¥3,500/1人(31人~100人まで)
¥3,000/1人(101人~)
Webテスト
質問紙形式
ミイダス
  • 詳細なターゲティングができ、新たな求職者と出会いやすい
  • ミイダス以外で応募した求職者にもコンピテンシー診断の実施が可能
  • タレントマネジメントツールとしての機能も備えている
要お問い合わせ 要お問い合わせ Webテスト
玉手箱
  • 実施時間が短くかつ受験人数制限がない
  • 多数の大手企業も導入
  • 同じ問題形式では1種類の問題だけが出続ける
要お問い合わせ 年間ライセンス料,320,000〜¥2,750,000
受検料は¥550〜¥1,100/名です。
C-GAB(シーギャブ)
Webテスト
tanΘ
  • 5,000社以上の導入実績
  • 国内の導入実績5000社を超える「CUBIC」をもとにして、共同開発された適性検査
  • 約200の表現パターンから個人の行動の特徴を把握
要お問い合わせ (従量課金プラン)
基本料金¥11,000円/月
受検料金:適性検査¥2,200円/件
能力検査:1,100円/件
(定額プラン)
適性検査:¥2,200,000~¥4,840,000/年
能力検査:¥1,100,000~¥2,420,000/年
Webテスト
GAB
  • 英語での受験が可能
  • 総合職向けの適性検査
  • 知識を活用した遂行能力を測定する問題傾向が特徴
要お問い合わせ 導入費用:¥1,320,000〜¥2,750,000
受検料:¥1,100/名です。
Webテスト
C-GAB
GAB(ペーパーテスト)
Compass
  • 自社の社員の中で誰と近いかを判定できる
  • 自社オリジナルの人物モデルを作成できる
  • 1,000社を超える人事担当者のアンケートに基づいた測定可能
要お問い合わせ ・適性検査
(年間の見込み利用者数が100名以下)
基本料金:無料、受検費用:¥2,200/名
(年間の見込み利用者数が100名以上)
年間基本料:¥110,000、受検費用:¥1,100/名
・基礎能力検査
(年間の見込み利用者数が100名以下)
受検料:1科目¥275/名
(年間の見込み利用者数が100名以上)
年間基本料:¥55,000、受検料:1科目¥275/名
Webテスト
質問紙形式
SCOA
  • 採用管理システムSONARと連携により、受検者の登録や受験結果の反映が完全自動化される
  • 「人事測定・評価開発研究委員会」による厳しい分析で、信頼性の高いデータが取得できる
  • 1985年に開発された長い実績
要お問い合わせ 2,200円(税込)/名
検査方法でテストセンター方式を使うときや、セット料金の適用を受けるときは¥3,300〜¥5,390
ペーパーテスト
テストセンター方式
パーソナリティ形式のみWebテストに対応
TAP
  • 自由に問題を作成できるオリジナルプランがある
  • 問題の中心になるのは数理問題
  • 難易度が高い分、応募者を絞り込むためには効果的
要お問い合わせ 初回登録料:¥33,000
タイプごとの採点料:¥1,100~¥1,320
各種オプション:¥605~¥660
Webテスト
テストセンター方式
3Eテスト
  • 1987年から適性検査を提供している
  • エン・ジャパンが提供
  • 受検者が自分をよく見せようと偽った回答をした場合、結果報告書の「注意すべき点」欄などで確認ができる
要お問い合わせ (日本語版)
Webパックプラン/年(20件まで):¥77,000
Web従量プラン/月:基本料金¥16,500+採点料¥3,200/名
(グローバル版)
Webパックプラン/年(20件まで):¥143,000
Web従量プラン/ヵ月:基本料金¥16,500+採点料¥6,600/名
Webテスト
質問紙形式

また、おすすめの適性検査サービスの比較は、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

適性検査とは

「適性検査」とは、人の能力や性格などを測定する検査です。採用選考の際に試験として用いられるのはもちろん、従業員の資質を理解して適切に育成・配置する場合にも使われます。

適性検査では、業務遂行のための「基礎能力」、企業・部署への適応しやすさを測るための「性格の特徴」、業務の向き不向きを見るための「価値観」などの項目が測定可能です。

また、適性検査は、内容によって「性格検査」と「能力検査」に大別され、目的に応じてどちらか一方もしくは両方を実施します。種類によっても異なりますが、この検査を用いると、履歴書選考や面接だけでは判断しにくい「問題解決能力」「積極性」「リーダーシップ」などの潜在的な力が明らかになります。

企業は採用時に適性検査を利用し、その人が自社の文化や仕事内容に適しているか、入社後にうまく働いてくれるかどうかを効率的に判断することが可能です。

さらに、適性検査は自社の採用基準を決めるのにも有効です。従業員全員や特定の層に実施し、得られた結果から基本的なスキルや性質を量的に分析します。そこから採用基準を作成するという流れです。この実際のデータに基づいたアプローチにより、自社に適した人材を見つけやすくなります。

性格検査

性格検査は、人の性格の特徴を把握するための検査です。この場合の性格とは、良し悪しを指すのではなく、「尺度」と言われる人物特性の得点によって各特徴の強弱が表されるものです。

性格検査には「質問紙法」「投影法」「作業検査法」の3つがありますが、企業においては、実施や採点が簡単な質問紙法がよく使われています。

能力検査

能力検査は、言語や数字に関わる基礎学力を中心とした人の能力を測る検査です。また、企業で行われる多くの能力検査では、論理的・道理的な思考ができるか、効率的に課題を処理できるかといった力も測定されます。

能力検査には、いくつかの選択肢から回答する「客観式」と、自由に文章で記述する「記述式」があります。企業で使う場合、採点基準が定められていて採点しやすい客観式の検査を用いるケースが多いです。

適性検査の平均値について

適性検査の平均値は、受検した人全体の成績を平均した数値です。平均値は受検者全体の能力を示すもので、個々の成績を比較する際の基準となります。一般的に、適性検査の難易度が高いほど平均値は低くなり、受験者の属性によっても数値が異なります。

ただし、平均値だけで全てを判断するのは適切ではありません。適性検査は個人の能力や適性を総合的に判断するために行うもので、その結果はさまざまな要素を考慮して総合的に判断する必要があります。

平均値を効率的に使うには

適性検査のデータから算出した平均値は、全体の傾向を把握するのに便利です。また、「高評価者」と「低評価者」の差に注目することで良い人材を見分けやすくなります。ここでは、効率的に平均値を活用する方法を紹介します。

全体の傾向を把握する

適性検査データを使って平均値を出し、折れ線グラフに表すと、突出した部分が確認できるでしょう。その部分が、受検者全体の特徴とみなすことができる指標です。

例えば、もっとも低い指標が「活動意欲」で、もっとも高い指標が「慎重性」だった場合、受検者全体の傾向として、活動意欲が低く、物事に対して慎重な性格と言うことができます。

「高評価者」と「低評価者」の差に注目する

平均値は、全体だけでなく「高評価者」と「低評価者」の平均を計算し、その差に注目することも重要です。

全体平均値のグラフに高評価者・低評価者それぞれの平均値を重ねると、突出した指標はほぼ重なりますが、差が大きく開いている指標も確認できます。このような高評価者と低評価者の差が大きい指標では、実際の評価も高いことが分かっています。

そのため、差がある指標を見れば、ある程度の確度で高評価者の見分けが可能です。

適性検査の平均値を活用して効率的に見分けよう

適性検査は、能力や性格を測る検査です。性格検査・能力検査の2種類があり、企業においては、人材育成や配置、採用に用いられる場合が多いでしょう。

適性検査の平均値は、受検した人全体の成績を平均した数値で、個々の成績を比較する際の基準にもなります。ただし、平均値だけに頼るのではなく、それを基にした総合的な評価を考慮することが重要です。

平均値のデータは、全体の傾向を把握するのに便利なだけでなく、高評価者と低評価者との差に注目することで効率的に見分けることもできます。適性検査を実施した後は、平均値のデータを上手に活用してみましょう。

また、おすすめの適性検査サービスの比較は、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください

おすすめの適性検査サービス

scroll →

サービス名称 特徴 初期費用 月額費用 検査方法
ミキワメ ミキワメ 詳細はこちら
  • IBM、サイバーエージェントなどの就職人気企業TOP100社のうち87社が利用
  • 応募者の負担を従来の1/3に軽減、スマホから10分で回答、数秒で診断結果を表示
  • 既存社員の傾向を基に、14段階で応募者のポテンシャルを分析
要お問い合わせ 受検料¥550/人
システム利用料¥33,000~
お問い合わせ
Webテスト
CUBIC適性検査 CUBIC適性検査 詳細はこちら
  • 日本人10万人のサンプルデータを基に、370通りの診断結果を構築
  • 大手検査の半額程度のコストで導入可能、検査数無制限プランあり
  • 設問例がほぼ出回っておらず事前対策困難、応募者の本質が丸わかり
要お問い合わせ サンプル受検プラン(受検者3名まで):無料
個別実施プラン(受検者1名~):¥2,500/名
パックプラン(受検者50名~):¥2,000/名
ウケホーダイプラン(人数無制限):定額¥1,600,000(年間)
お問い合わせ
ペーパーテスト
Webテスト
HCi-AS HCi-AS 詳細はこちら
  • 記述式中心で受検者の人間性を丸裸に! とにかく当たると評判累計受検者数240万人超
  • 回答時間はわずか10分! 診断は瞬時に確認できるので、結果を見ながら面接が可能
  • Web版の導入費用0円! 受検人数に応じて単価がリーズナブル
要お問い合わせ 契約金:¥50,000(初回のみ)
¥4,000円/1人(1人~30人まで)
利用した分だけ・月額料金なし
¥3,500/1人(31人~100人まで)
¥3,000/1人(101人~)
Webテスト
質問紙形式
ミイダス
  • 詳細なターゲティングができ、新たな求職者と出会いやすい
  • ミイダス以外で応募した求職者にもコンピテンシー診断の実施が可能
  • タレントマネジメントツールとしての機能も備えている
要お問い合わせ 要お問い合わせ Webテスト
玉手箱
  • 実施時間が短くかつ受験人数制限がない
  • 多数の大手企業も導入
  • 同じ問題形式では1種類の問題だけが出続ける
要お問い合わせ 年間ライセンス料,320,000〜¥2,750,000
受検料は¥550〜¥1,100/名です。
C-GAB(シーギャブ)
Webテスト
tanΘ
  • 5,000社以上の導入実績
  • 国内の導入実績5000社を超える「CUBIC」をもとにして、共同開発された適性検査
  • 約200の表現パターンから個人の行動の特徴を把握
要お問い合わせ (従量課金プラン)
基本料金¥11,000円/月
受検料金:適性検査¥2,200円/件
能力検査:1,100円/件
(定額プラン)
適性検査:¥2,200,000~¥4,840,000/年
能力検査:¥1,100,000~¥2,420,000/年
Webテスト
GAB
  • 英語での受験が可能
  • 総合職向けの適性検査
  • 知識を活用した遂行能力を測定する問題傾向が特徴
要お問い合わせ 導入費用:¥1,320,000〜¥2,750,000
受検料:¥1,100/名です。
Webテスト
C-GAB
GAB(ペーパーテスト)
Compass
  • 自社の社員の中で誰と近いかを判定できる
  • 自社オリジナルの人物モデルを作成できる
  • 1,000社を超える人事担当者のアンケートに基づいた測定可能
要お問い合わせ ・適性検査
(年間の見込み利用者数が100名以下)
基本料金:無料、受検費用:¥2,200/名
(年間の見込み利用者数が100名以上)
年間基本料:¥110,000、受検費用:¥1,100/名
・基礎能力検査
(年間の見込み利用者数が100名以下)
受検料:1科目¥275/名
(年間の見込み利用者数が100名以上)
年間基本料:¥55,000、受検料:1科目¥275/名
Webテスト
質問紙形式
SCOA
  • 採用管理システムSONARと連携により、受検者の登録や受験結果の反映が完全自動化される
  • 「人事測定・評価開発研究委員会」による厳しい分析で、信頼性の高いデータが取得できる
  • 1985年に開発された長い実績
要お問い合わせ 2,200円(税込)/名
検査方法でテストセンター方式を使うときや、セット料金の適用を受けるときは¥3,300〜¥5,390
ペーパーテスト
テストセンター方式
パーソナリティ形式のみWebテストに対応
TAP
  • 自由に問題を作成できるオリジナルプランがある
  • 問題の中心になるのは数理問題
  • 難易度が高い分、応募者を絞り込むためには効果的
要お問い合わせ 初回登録料:¥33,000
タイプごとの採点料:¥1,100~¥1,320
各種オプション:¥605~¥660
Webテスト
テストセンター方式
3Eテスト
  • 1987年から適性検査を提供している
  • エン・ジャパンが提供
  • 受検者が自分をよく見せようと偽った回答をした場合、結果報告書の「注意すべき点」欄などで確認ができる
要お問い合わせ (日本語版)
Webパックプラン/年(20件まで):¥77,000
Web従量プラン/月:基本料金¥16,500+採点料¥3,200/名
(グローバル版)
Webパックプラン/年(20件まで):¥143,000
Web従量プラン/ヵ月:基本料金¥16,500+採点料¥6,600/名
Webテスト
質問紙形式
ページ先頭へ戻る