東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/06/06 

適性検査とは?ストレス耐性で将来のメンタルリスクやパフォーマンスは判定できる?

【監修】株式会社ジオコード マーケティング責任者
渡辺 友馬

適性検査ではその人の能力や性格、特性などを知ることができます。面接や書類だけでは分からないストレス耐性や責任感などが客観的に分かるため、実施している企業は多くあります。

自社に適した人材を見つける上で、適性検査でストレス耐性を知り、メンタルリスクがあるか知りたいと思う採用担当者もいるでしょう。では適性検査の結果を見れば本当にメンタルリスクが分かるのでしょうか。

本記事では適性検査の基本情報を紹介した上で、適性検査のストレス耐性とメンタルリスクやパフォーマンスとの関連性について解説します。

おすすめの適性検査サービス

scroll →

サービス名称 特徴 初期費用 月額費用 検査方法
ミキワメ ミキワメ 詳細はこちら
  • IBM、サイバーエージェントなどの就職人気企業TOP100社のうち87社が利用
  • 応募者の負担を従来の1/3に軽減、スマホから10分で回答、数秒で診断結果を表示
  • 既存社員の傾向を基に、14段階で応募者のポテンシャルを分析
要お問い合わせ 受検料¥550/人
システム利用料¥33,000~
お問い合わせ
Webテスト
CUBIC適性検査 CUBIC適性検査 詳細はこちら
  • 日本人10万人のサンプルデータを基に、370通りの診断結果を構築
  • 大手検査の半額程度のコストで導入可能、検査数無制限プランあり
  • 設問例がほぼ出回っておらず事前対策困難、応募者の本質が丸わかり
要お問い合わせ サンプル受検プラン(受検者3名まで):無料
個別実施プラン(受検者1名~):¥2,500/名
パックプラン(受検者50名~):¥2,000/名
ウケホーダイプラン(人数無制限):定額¥1,600,000(年間)
お問い合わせ
ペーパーテスト
Webテスト
HCi-AS HCi-AS 詳細はこちら
  • 記述式中心で受検者の人間性を丸裸に! とにかく当たると評判累計受検者数240万人超
  • 回答時間はわずか10分! 診断は瞬時に確認できるので、結果を見ながら面接が可能
  • Web版の導入費用0円! 受検人数に応じて単価がリーズナブル
要お問い合わせ 契約金:¥50,000(初回のみ)
¥4,000円/1人(1人~30人まで)
利用した分だけ・月額料金なし
¥3,500/1人(31人~100人まで)
¥3,000/1人(101人~)
Webテスト
質問紙形式
ミイダス
  • 詳細なターゲティングができ、新たな求職者と出会いやすい
  • ミイダス以外で応募した求職者にもコンピテンシー診断の実施が可能
  • タレントマネジメントツールとしての機能も備えている
要お問い合わせ 要お問い合わせ Webテスト
玉手箱
  • 実施時間が短くかつ受験人数制限がない
  • 多数の大手企業も導入
  • 同じ問題形式では1種類の問題だけが出続ける
要お問い合わせ 年間ライセンス料,320,000〜¥2,750,000
受検料は¥550〜¥1,100/名です。
C-GAB(シーギャブ)
Webテスト
tanΘ
  • 5,000社以上の導入実績
  • 国内の導入実績5000社を超える「CUBIC」をもとにして、共同開発された適性検査
  • 約200の表現パターンから個人の行動の特徴を把握
要お問い合わせ (従量課金プラン)
基本料金¥11,000円/月
受検料金:適性検査¥2,200円/件
能力検査:1,100円/件
(定額プラン)
適性検査:¥2,200,000~¥4,840,000/年
能力検査:¥1,100,000~¥2,420,000/年
Webテスト
GAB
  • 英語での受験が可能
  • 総合職向けの適性検査
  • 知識を活用した遂行能力を測定する問題傾向が特徴
要お問い合わせ 導入費用:¥1,320,000〜¥2,750,000
受検料:¥1,100/名です。
Webテスト
C-GAB
GAB(ペーパーテスト)
Compass
  • 自社の社員の中で誰と近いかを判定できる
  • 自社オリジナルの人物モデルを作成できる
  • 1,000社を超える人事担当者のアンケートに基づいた測定可能
要お問い合わせ ・適性検査
(年間の見込み利用者数が100名以下)
基本料金:無料、受検費用:¥2,200/名
(年間の見込み利用者数が100名以上)
年間基本料:¥110,000、受検費用:¥1,100/名
・基礎能力検査
(年間の見込み利用者数が100名以下)
受検料:1科目¥275/名
(年間の見込み利用者数が100名以上)
年間基本料:¥55,000、受検料:1科目¥275/名
Webテスト
質問紙形式
SCOA
  • 採用管理システムSONARと連携により、受検者の登録や受験結果の反映が完全自動化される
  • 「人事測定・評価開発研究委員会」による厳しい分析で、信頼性の高いデータが取得できる
  • 1985年に開発された長い実績
要お問い合わせ 2,200円(税込)/名
検査方法でテストセンター方式を使うときや、セット料金の適用を受けるときは¥3,300〜¥5,390
ペーパーテスト
テストセンター方式
パーソナリティ形式のみWebテストに対応
TAP
  • 自由に問題を作成できるオリジナルプランがある
  • 問題の中心になるのは数理問題
  • 難易度が高い分、応募者を絞り込むためには効果的
要お問い合わせ 初回登録料:¥33,000
タイプごとの採点料:¥1,100~¥1,320
各種オプション:¥605~¥660
Webテスト
テストセンター方式
3Eテスト
  • 1987年から適性検査を提供している
  • エン・ジャパンが提供
  • 受検者が自分をよく見せようと偽った回答をした場合、結果報告書の「注意すべき点」欄などで確認ができる
要お問い合わせ (日本語版)
Webパックプラン/年(20件まで):¥77,000
Web従量プラン/月:基本料金¥16,500+採点料¥3,200/名
(グローバル版)
Webパックプラン/年(20件まで):¥143,000
Web従量プラン/ヵ月:基本料金¥16,500+採点料¥6,600/名
Webテスト
質問紙形式

また、おすすめの適性検査サービスの比較は、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

適性検査とは

適性検査とは、面接では知るのが難しいその人の特性や価値観などを可視化するものです。特に、ストレス耐性という重要な要素は、面接だけでは評価が難しいため、適性検査によって客観的に評価することが可能です。しかし、適性検査で行う内容や目的が分からない人もいるでしょう。ここでは適性検査の基礎知識である、実施内容や目的を詳しく解説します。

適性検査の種類と内容

適性検査で測定できる内容は大きく分けて、能力検査と性格検査の2種類です。能力検査はその人の計算能力や論理的思考力など、仕事にあたって必要な能力を測ります。一方の性格検査とは、その人の考え方や特性を測るものです。仕事における能力よりも、人間性というとイメージしやすいでしょう。ストレス耐性を測るには、性格検査が適しています。

適性検査の目的

適性検査は応募者の能力や性格を客観的に分析して、自社に合う人材かを見極めるのが目的になります。採用では書類選考、面接を行いますが、それだけで応募者の性格や思考の癖を把握するのは困難です。また、仮に能力や思考を見極めたとしても面接官の主観が入るため、客観的な評価は難しくなりがちです。その上、面接官によってばらつきが出てしまう可能性もあります。しかし、適性検査であれば書類選考と面接では分からない特性を把握でき、一定の基準によって客観的な判断ができます。ストレス耐性を測るのに適している性格検査には正解という基準がありません。回答した内容の傾向から、企業がその人の性格を分析し、ストレス耐性の判断材料にします。

適性検査のストレス耐性でメンタルリスクの予測は困難

では適性検査から得られたストレス耐性の判断のみでメンタルリスクの予測ができるかというと、できないと判断するのが現状です。

適性検査はその人の特性を知ることができ、性格検査の結果などからストレス耐性を把握できるものもあります。そのためストレス耐性の把握=メンタルリスクの予測ができると思う人もいるでしょう。しかし、性格検査でストレス耐性が弱いからといって、将来メンタルに問題を抱え休職や離職する可能性がある人物とは言いきれません。なぜならストレス耐性で責任感の強さや敏感さは把握できるものの、入社後の環境の変化による影響までは分からないためです。

仮に本人のストレス耐性が高くとも、労働環境や人間関係で処理しきれない大きなストレスが原因で、うつ病や抑うつ状態になることは十分に考えられます。従って、総合的に適性検査だけでメンタルリスクを予測するのは困難です。仮に社員がうつ病などの精神疾患になったとしても、本人の特性による問題ではない可能性も十分あるのです。

ストレス耐性の低さとパフォーマンスの低さは比例しない

ストレス耐性の低さとパフォーマンスの低さは比例しないと見られています。

ストレス耐性が低いとすぐに落ち込み、切り替えが苦手で他の仕事に支障をきたすと考える人もいるでしょう。しかし、ストレス耐性が低いことが原因でパフォーマンスの低さにつながるのではありません。むしろ営業成績の良い社員は、内向的で神経質な傾向にあるともいわれています。成績の良い営業職といえば、外交的で情緒が安定しているとのイメージがありますが、実際は反対の特性を持っていることが多いのです。

内向的で神経質にもかかわらずパフォーマンスが高いのは、、神経質が故に人の気持ちに敏感なためスムーズにフォローでき、内向的であるからこそ相手の話を聞き寄り添う姿勢があるため、信頼を得やすいからと見られています。

反対に情緒が非常に安定している人は、相手の気持ちを察するのが苦手で、クレーム対応が苦手な傾向にあるようです。

これらは全ての人に当てはまるわけではありませんが、ストレス耐性の高さと仕事の能力は必ずしも関連しないといえるでしょう。ストレス耐性で採用者を決めると、自社に適した人間を逃す可能性があります。

適性検査はあくまでデータの一つ

これまで紹介したように、適性検査はあくまでデータの一つです。適性検査の結果と仕事の能力は必ずしも比例するものではないため、面接や書類選考も含めて総合的に判断していく必要があります。

また、業界によってはある程度のストレス耐性が求められますが、ストレス耐性が低いからといってメンタルリスクがあるとはいえません。

仮にストレス耐性が高いとしても、職場の人間関係や環境によって、メンタルに問題を抱える可能性は十分にあります。適性検査は一つの目安として採用に活用し、多面的に判断することで、自社で良いパフォーマンスを発揮できる人材を見つけましょう。

同時にメンタル問題は適性だけではなく環境の影響もあると認識し、社内のストレス要因にも目を向け把握することも大切です。

また、おすすめの適性検査サービスの比較は、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください

おすすめの適性検査サービス

scroll →

サービス名称 特徴 初期費用 月額費用 検査方法
ミキワメ ミキワメ 詳細はこちら
  • IBM、サイバーエージェントなどの就職人気企業TOP100社のうち87社が利用
  • 応募者の負担を従来の1/3に軽減、スマホから10分で回答、数秒で診断結果を表示
  • 既存社員の傾向を基に、14段階で応募者のポテンシャルを分析
要お問い合わせ 受検料¥550/人
システム利用料¥33,000~
お問い合わせ
Webテスト
CUBIC適性検査 CUBIC適性検査 詳細はこちら
  • 日本人10万人のサンプルデータを基に、370通りの診断結果を構築
  • 大手検査の半額程度のコストで導入可能、検査数無制限プランあり
  • 設問例がほぼ出回っておらず事前対策困難、応募者の本質が丸わかり
要お問い合わせ サンプル受検プラン(受検者3名まで):無料
個別実施プラン(受検者1名~):¥2,500/名
パックプラン(受検者50名~):¥2,000/名
ウケホーダイプラン(人数無制限):定額¥1,600,000(年間)
お問い合わせ
ペーパーテスト
Webテスト
HCi-AS HCi-AS 詳細はこちら
  • 記述式中心で受検者の人間性を丸裸に! とにかく当たると評判累計受検者数240万人超
  • 回答時間はわずか10分! 診断は瞬時に確認できるので、結果を見ながら面接が可能
  • Web版の導入費用0円! 受検人数に応じて単価がリーズナブル
要お問い合わせ 契約金:¥50,000(初回のみ)
¥4,000円/1人(1人~30人まで)
利用した分だけ・月額料金なし
¥3,500/1人(31人~100人まで)
¥3,000/1人(101人~)
Webテスト
質問紙形式
ミイダス
  • 詳細なターゲティングができ、新たな求職者と出会いやすい
  • ミイダス以外で応募した求職者にもコンピテンシー診断の実施が可能
  • タレントマネジメントツールとしての機能も備えている
要お問い合わせ 要お問い合わせ Webテスト
玉手箱
  • 実施時間が短くかつ受験人数制限がない
  • 多数の大手企業も導入
  • 同じ問題形式では1種類の問題だけが出続ける
要お問い合わせ 年間ライセンス料,320,000〜¥2,750,000
受検料は¥550〜¥1,100/名です。
C-GAB(シーギャブ)
Webテスト
tanΘ
  • 5,000社以上の導入実績
  • 国内の導入実績5000社を超える「CUBIC」をもとにして、共同開発された適性検査
  • 約200の表現パターンから個人の行動の特徴を把握
要お問い合わせ (従量課金プラン)
基本料金¥11,000円/月
受検料金:適性検査¥2,200円/件
能力検査:1,100円/件
(定額プラン)
適性検査:¥2,200,000~¥4,840,000/年
能力検査:¥1,100,000~¥2,420,000/年
Webテスト
GAB
  • 英語での受験が可能
  • 総合職向けの適性検査
  • 知識を活用した遂行能力を測定する問題傾向が特徴
要お問い合わせ 導入費用:¥1,320,000〜¥2,750,000
受検料:¥1,100/名です。
Webテスト
C-GAB
GAB(ペーパーテスト)
Compass
  • 自社の社員の中で誰と近いかを判定できる
  • 自社オリジナルの人物モデルを作成できる
  • 1,000社を超える人事担当者のアンケートに基づいた測定可能
要お問い合わせ ・適性検査
(年間の見込み利用者数が100名以下)
基本料金:無料、受検費用:¥2,200/名
(年間の見込み利用者数が100名以上)
年間基本料:¥110,000、受検費用:¥1,100/名
・基礎能力検査
(年間の見込み利用者数が100名以下)
受検料:1科目¥275/名
(年間の見込み利用者数が100名以上)
年間基本料:¥55,000、受検料:1科目¥275/名
Webテスト
質問紙形式
SCOA
  • 採用管理システムSONARと連携により、受検者の登録や受験結果の反映が完全自動化される
  • 「人事測定・評価開発研究委員会」による厳しい分析で、信頼性の高いデータが取得できる
  • 1985年に開発された長い実績
要お問い合わせ 2,200円(税込)/名
検査方法でテストセンター方式を使うときや、セット料金の適用を受けるときは¥3,300〜¥5,390
ペーパーテスト
テストセンター方式
パーソナリティ形式のみWebテストに対応
TAP
  • 自由に問題を作成できるオリジナルプランがある
  • 問題の中心になるのは数理問題
  • 難易度が高い分、応募者を絞り込むためには効果的
要お問い合わせ 初回登録料:¥33,000
タイプごとの採点料:¥1,100~¥1,320
各種オプション:¥605~¥660
Webテスト
テストセンター方式
3Eテスト
  • 1987年から適性検査を提供している
  • エン・ジャパンが提供
  • 受検者が自分をよく見せようと偽った回答をした場合、結果報告書の「注意すべき点」欄などで確認ができる
要お問い合わせ (日本語版)
Webパックプラン/年(20件まで):¥77,000
Web従量プラン/月:基本料金¥16,500+採点料¥3,200/名
(グローバル版)
Webパックプラン/年(20件まで):¥143,000
Web従量プラン/ヵ月:基本料金¥16,500+採点料¥6,600/名
Webテスト
質問紙形式
ページ先頭へ戻る