公開日:2020/04/01 

環境分析とは?効果の高いマーケティング施策を実現する方法

自社の内部と外部の経営環境知り、現在自社がおかれている状況を把握するために、外部環境と内部環境の二つの分析が必要となります。

そこで、今回は、自社の環境を正しく分析するために必要なマーケティング施策である、「環境分析」についてお話ししていきます。

正しく分析し、リスクとチャンスを理解した上での経営戦略を見出すことが、マーケティングを行う上で重要になってくるので、是非参考にしていただければ幸いです。

環境分析とは

環境分析とは、内部・外部の経営環境を分析することです。

競合を把握するためには的確な環境分析が欠かせません。
正しい状況の把握、必要な情報を取捨選択、深い洞察力で分析をすることによって、戦略課題を抽出することが可能となります。

環境分析は、マーケティングでは必要不可欠な取り組みです。
事業に影響を与える可能性のある内部・外部の環境は、様々な視点から分析し、市場の機会と脅威を把握することで方向性を探ります
そして、内部環境の分析を細部まで行うことで、自社の強みや弱みを明確化することができます。それが好機を掴み、不測の事態にも迅速に対応することが可能となるのです。

環境分析の種類

環境分析には、自社でコントロール不可能な経営資源の分析である「外部環境分析」と、自社でコントロール可能な経営資源の分析である「内部環境分析」があります。

外部環境分析

外部環境分析には、マクロ環境、競争環境、顧客分析の3つに分類されます。
そして、市場の機会と脅威を見出すためには、これらの環境を把握することが重要となり、外部環境分析で用いられるフレームワークに「ファイブフォース分析」と「PEST分析」の2つが上げられます。

  • マクロ環境の分析(PEST分析)
  • 顧客分析(3C分析)
  • 競争環境(ファイブフォース分析)

マクロ環境の分析(PEST分析)

PEST分析とは

マクロ環境の分析である「PEST分析」は、自社の環境が現在・未来にどんな影響があるのかを予測 & 把握することが可能なことから、経営などの戦略を立てるのに活用されます。

環境分析では、マクロの視点で全体を把握することが大切です。

  • 現状、どのような方向に向かっているのか
  • 世間がどうなっているのか

を分析します。

PEST分析とは、「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」からマクロ環境の全体を把握して、中長期的な将来の方向性を趣味レーションすることで、影響や環境の変化等、業界に及ぼす可能性がある物を分析していきます。

詳しくはコチラ↓

PEST分析内部バナー

顧客分析(3C分析)

3C分析とは
顧客分析である3C分析とは、環境を分析する際に使われるフレームワークです。
上記で紹介したPEST分析と、これから紹介するファイブフォース分析と共に企業の戦略立てに使用される環境分析となります。

これは、「Customer(顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」の3つの要素を分析します。

主に対象となるのが…

  • 購買人口:潜在地域、年齢層、男女比や潜在顧客想定人数など
  • 顧客ニーズ:顧客が抱える問題点などの顧客ニーズ
  • 購買決定者:購買決定者 / 意思決定者が誰かなど
  • 購買要因:価格、ブランド、興味など
  • 購買プロセス:いつ・どこで・何を・どのように・いくらで買うのか

詳しくはコチラ↓

3C分析内部バナー

競争環境(ファイブフォース分析)

ファイブフォース分析とは
ファイブフォース分析は、自社が置かれている競争環境を把握するためのフレームワークです。
そのうえで、自社の強みを活かし、どのようにすれば成功するのかの戦略を練っていきます。

自社のサービスや商品がどの業界向けなのかを定義し、業界の特徴や収益構造を分析することで、よりよい戦略を練ることができるので、是非活用ください。

対象は…

  • 新規参入の脅威
  • 代替品の脅威
  • 競合他社(同業者間)との敵対
  • 買い手の交渉力
  • 売り手の交渉力

詳しくはコチラ↓

ファイブフォース分析内部バナー

内部環境分析

内部環境分析は、自社でコントロールが可能な経営資源の分析です。
「経営戦略」「製品特性」「人的資源」「資金力」が挙げられ、強み、弱みを明確にすることで、マーケティング戦略の準備を整えていきます

主にSWOT分析を用いて行うことが多く、そのままの現状を捉えるのではなく、自社の強みや弱み、市場の機会や脅威をポジティブに変換していく分析方法です。

SWOT分析

SWOT分析とは

SWOT分析とは、企業の内部環境と外部環境の2つの環境を、それぞれカテゴリ分けをし、4つの項目について分析する手法となっています。

内部環境は自社の「強み」「弱み」を洗い出し、外部環境では市場の「機会」「脅威」を洗い出します。

SWOT分析はStrength(強み)・Weakness(弱み)・Opportunity(機会)・Threat(脅威)の頭文字をとり「スウォット」分析となっています。

詳しくはコチラ↓

SWOT分析内部バナー

環境分析の重要性

お客様の求めているものを、競合企業のサービスよりもいい状態で提供するまでがマーケティングを行う上で理想の形となります。

そのため、現状や長所・短所を見極め、洗い出すことで、理想の具現化を図ります
ただ、顧客のニーズは日々変動するので、競合も様々な手を売ってきているのが現状なので、より先を行くために市場の変化を把握することは重要なのです。

様々な戦略を立てることが、変動しやすい状況に対応する方法なので、環境分析は怠らないことをおすすめします。

まとめ

環境分析は、現状を把握し、競合よりも先手を取るために必要なマーケティングの1つです。
自力でどうにかなる内部環境、経済などが関わるため自力ではどうにもできない外部環境の両方を分析することがカギとなります。

どんなにいい施策や、戦略でも、自社がおかれている環境が把握できてなければ、良い効果を発揮することができません。
なので、細部まで環境の分析を行うように心がけることをお勧めします

正しい分析をすれば、全体の把握が容易になるので、是非参考にしていただければ幸いです。

結局SFAって何ができるの? 気になるネクストSFAの機能一覧はこちら
ページ先頭へ戻る