公開日:2020/07/09 更新日:2020/08/05

飲み会や歓迎会での「乾杯の挨拶」シーン別文例集

飲み会や懇親会での「乾杯の挨拶」は付き物です。
挨拶を頼まれた時どんなことを言えば良いのかと悩んだことなどありませんか。
 
「乾杯の挨拶」は飲み会が盛り上がるかどうかを決める最初のターニングポイントとして非常に重要かつ責任重大な役割だと思います。
責任重大だからこそ、華麗に挨拶を決めて飲み会参加者からの印象を良いものにしたいですよね。
本記事はそんな飲み会や懇親会での「乾杯の挨拶」について具体的な文例と共に解説していきます。

乾杯の挨拶の簡単な流れ

まずは乾杯に至るまでの流れについておさらいしておきましょう。

乾杯の挨拶の流れ

  1.  司会者より紹介を受ける
  2. その場で立ち上がり一礼
  3. 簡単な自己紹介とスピーチを行う
    ⇒スピーチ中、グラスは胸の下辺りに持つ。
  4. ゲストに乾杯の準備を促す
    ⇒スピーチが終わったら「では、乾杯の発声をさせていただきます」など合図をして参加者全員がグラスを持って立ち上げるのを待ちます。
  5. 乾杯の発声
    ⇒乾杯と発声する前に「今日は楽しんでください」など一言添えてから乾杯と発声すると参加者の方もタイミングを取りやすいです。
  6. 発声の後に一礼
    ⇒参加者に向けて「ありがとうございました」というお礼の言葉と一礼をします。
  7. 席に戻る

基本構成

  1. 自己紹介
    ⇒ビジネス上の会合であれば所属企業名、所属部署名などを添えて伝えましょう。
  2. 短いスピーチを行う。
    ⇒できるだけ短いスピーチを心掛けましょう。
    ⇒会合の目的や雰囲気・参列者に合わせた内容と発生の温度感をコントロールしましょう。
  3. 乾杯の準備を促す

「乾杯の挨拶」シーン別文例集

飲み会

ご紹介いただきました○○課の○○です。本日はご多忙の中お集まりいただきありがとうございます。
 
今回、皆さんの協力もあって○○プロジェクトの成功を収めることができました。ありがとうございます。
この飲み会では日頃溜まっているストレスなど全て吐き出し、目一杯飲んで、食べて楽しんでください!
 
ではグラスを持ってください。
それでは、乾杯の音頭を取らせていただきます。
プロジェクト成功を祝って、乾杯!

歓迎会

お疲れ様です!ご指名に預かりました○○です。
まずは新入社員のみなさん、入社おめでとうございます。
 
皆さんが来られるのを一同楽しみにしておりました。
慣れるまでは大変だと思いますが、いつでも気軽に声をかけてください。
 
では乾杯に移りたいと思います。皆様グラスをお持ちください。
それでは新入社員みなさんの今後のご活躍とご健勝を祈念しまして乾杯!

懇親会(社内や仲間内でのあいさつ)

皆さんお疲れ様です!
○○と申します。
 
本日集まった人の中でまだ話をしたことがない人などいるかと思います。
ぜひこの機会に、別部署の先輩や後輩と交流を深め、最後まで楽しんでいってください!
 
それでは乾杯に移りたいと思いますのでグラスをもってください。
 
それでは、乾杯いたします。乾杯!

懇親会(フォーマルな場)

ご指名を賜りました、株式会社○○の××でございます。
本日はご多忙の中お集まりいただきありがとうございます。
 
おかげさまで無事総会を終えることができました。重ねてお礼申し上げます。
このように皆様が一堂を会して集まることはなかなかございませんのでぜひこの機会に
親睦を深めていただければと存じます。
 
では乾杯に移りたいと思います、グラスをお持ちください。
 
よろしいでしょうか。
それでは、皆様ご唱和ください。乾杯。

送別会(異動の場合)

先ほどご紹介にあずかりました○○です。
××さんご栄転おめでとうございます!
 
××さんは誰よりも熱心に仕事に努め、いつも我々を背中で引っ張ってくれました。
そんな××さんの門出の日に立ち会えることができて非常に嬉しいです。
僭越ではございますが、××さんの今後ますますのご活躍を祈念して乾杯したいと思います。
 
皆さんグラスをお持ちください。
それではご唱和ください。乾杯!

送別会(転勤の場合)

皆さんお疲れさまです。ご紹介いただきました○○です。
××さん▲年間大変お世話になりました。
 
繁忙期で忙しい中でも仕事を引き受けてくれた××さんには何度も助けられました。
そんな××さんが事務所を抜けるのは非常に残念で寂しいですが。
次の仕事に就かれましてもこれまでの経験を存分に発揮してご活躍いただければと存じます。
 
ではみなさんグラスをお持ちください。
それでは××さんの今後のご活躍とご健勝を祈念致しまして、乾杯。

まとめ

冒頭でもお伝えしましたが、乾杯の挨拶は飲み会の雰囲気を決める重要な役割です。
スピーチは短く、その場の雰囲気に合わせたトーンで話すことを心掛けたいところです。
挨拶をビシッと決めて、楽しい飲み会にできるよう頑張ってください!

ゴリゴリ
ゴリゴリこの記事の執筆者
営業の見える化、生産性向上を実現!クラウド型営業支援ツール ネクストSFA
ページ先頭へ戻る